@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

カラワン Sedana ゴルフ場で 久しぶりにゴルフをしてみたら…

約半年ぶりにゴルフをした。

僕は、だいたい年に1〜2回のペースでゴルフをしている。決してそのペースを守ろうとしているのではなく、飽くまでたまたまそうなっているだけの話である。

おそらく、まわりのゴルフ好きなオッサン達に比べると、ずいぶん少ないペースなんだろうと。毎週のようにゴルフをしているオッサン達は、まるでゴルフをするためにインドネシアにきているように見えてしまう。それはきっと気のせいなのだが、どうしても。

 

半年前の前回は、背伸びをして (値段的にも、難易度的にも)、ジャカルタのスナヤンのゴルフ場でラウンドした。

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170102/1483351593

今回は、チカランのお隣、カラワンの Sedana Golf だ。何だかホームな感じがする。何度かプレーしたことがあるので、長所を並べてみようかと。

 

スダナゴルフ場の良いところ

① 安い !

レバラン前ということもあり?カート付きで Rp 440,000 はお手頃価格。カートなしなら、Rp 26,000 である。ただプアサ中のキャディーさんに気を使うことを忘れてはいけない。

これなら毎週行ったっていい。

 

② 広い !

コースが広々としていて、OBを恐れる必要があるところは限定的だ。もし、OBに気を使いたいのなら、明日の天気を気にするぐらいの感じのレベルで大丈夫だ。

さらに、プアサ中はカートがコース内どこでも乗り込めるので、多少あっちこっちにボールが飛んでも構うものかと気持ちを大きく持てるし、体力の温存もできるのだ。

 

③ 趣き !

f:id:shogot1978:20170624173711j:image

コース内は池が点在しているのだが、そこには睡蓮が、忘れかけられるのを嫌うような佇まいで浮いている。

決して綺麗な池ではないのだが、それがまたクロード・モネの ” 睡蓮 ” を連想させてくれ、多少強引なのは重々承知の上で、このコースには芸術の色が見え隠れしている、と述べておく。

 

④ キャディー !

キャディーの良し悪しで、スコアも変わってくる。この日のキャディーは、すぐに僕のプレースタイルの特徴と傾向を把握し、それらを助長させるような動きをしてくれたので、とても気持ちよくプレーができた。キャディーも重要な要素。

 

○ 他 !

・さすがに天気のコントロールは、それかこそ神のみぞ知るところであるが、この日は、天気良好で(ガンガン照りではなく、曇が演出する涼しさがあるということ)、体力的にも良かった。

・レバラン休暇の初日ということもあり、気分的な高揚も出せた。

 

 

さて、こんなスダナゴルフ場の好条件が、僕にまとわりつけば、自ずと素晴らしい成果がついてくるというもんだ。

なんと、ここインドネシアの地で、ベストスコアを叩き出したのだ。もうかれこれ7年ぶりの更新となる。

まるで、ゴルフをするためにインドネシアにきているかのような、そんな書き方になってしまったが…。

 

もしかしたら、スダナゴルフ場は、生涯忘れることができないゴルフ場となるかもしれない。