@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

グアム島 「イルカウォッチングツアー」は果たして参加してみる価値はあるのか ⁉︎

僕は昔からツアー旅行や、そのオプションパッケージなんて、糞食らえと思っていた。

誰にも頼らずに、自分の足で行きたいところに行きやりたいことをやる、そこに価値を見出していた。特に外国では。

 

だが時は流れ、その考え方に固執する必要はない、と思えたのがグアムでの「イルカウォッチングツアー」だ。

素直にツアーに参加してみると、意外にフツーに良かった。

f:id:shogot1978:20170704220614j:image

小さな船舶に揺られながら、この空と海が拝見できれば、もう他は何も要らない。何もかもを忘れ、ただただ心地良さに身を任せ、この世のとてつもない大きさにひれ伏す感覚は、イッちゃうそれよりも壮大だ。

 

何をトチ狂ったか、「イルカウォッチングツアー」の推奨だ。

 

 

小型船に乗り込み、案内人のクルーはヤンチャそうなアメリカ人ときたら気分は盛り上がる。

f:id:shogot1978:20170705212338j:image

 

前菜

途中、シュノーケリングで熱帯魚とたわむれる時間があるのは、ヤンチャにしてはとても気が利いている。

魚釣りの準備もされているので、シュノーケリングで魚とのたわむれに物足りなさを感じたら、釣ることだってできるのだ。さすがに、獲った魚を刺身にしてその場で喰うことまではできないが、十分に満足できる。

f:id:shogot1978:20170706004657j:image

 

メイン

さて、 イルカウォッチングというくらいなら、イルカが見れて然りのはずなのだが、そこにはなんと運が介在する。

つまり、見れないこともあるのだ。知らず知らずのうちに、イルカを見れなくても承知の上、ということになっているのか、あるいは、イルカを見れたらあなたはラッキーボーイ的な強運の承認をしてくれるのか、そのへんは定かではないが、いずれにせよ100%見れるわけではないのだ。

おそらく日頃の行いが良いのであろう、僕はイルカらしきものを見れた─。

f:id:shogot1978:20170706002408j:image

ウジャウジャ飛び跳ねてるイメージを持っていたが、ぴょこりぴょこりと拝見できる程度。だが、これくらいの方がありがたみがあるのかも。

 

まとめ

前菜もメインもお飾りに思える。

f:id:shogot1978:20170706003042j:image

この絶品のを提供されれば。しかも海の青は時間帯や場所によって青の濃淡が変化するのだ。いっそのこと、「イルカウォッチングツアー」ではなく、「ブルーウォッチングツアー」にして、イルカをデザートにでもしてしまえばいいんじゃないか、とまで思える。

 

でも総じて良いツアーだ。

f:id:shogot1978:20170706003908j:image

お試しアレ。