@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

ブカシ グランドメトロポリタンモールのフードコートでチキンライスとか

ブカシのグランドメトロポリタンモールの最上階にあるフードコートのお話─。

f:id:shogot1978:20170610143052j:image

f:id:shogot1978:20170610202741j:image

インドネシア料理が食べられる。

この中に、色々なお店が混在している。数えてはないが、ざっと20くらいはあるんでなかろうか。

 

そして、インドネシア料理のみならず、なんとシンガポールの ”チキンライス” も食べられるのだ。

さすがに本場モノには敵わないのだろうが、味音痴の僕は、それなりに堪能できてしまう。味音痴も時には幸せなのだ。

f:id:shogot1978:20170610143637j:image

チキンもうまいのだが、ライスのチキン風味が何とも言い難い絶品で、「これがあれば何杯でもご飯が食べられる」的な表現を使いたいのだが、これを使うと低脳をさらけ出すことになるので、絶賛差し控え。

f:id:shogot1978:20170610144546j:image

では、ご飯がうまい時にはどんな表現を使えばいいのだろう?

「ごはんがススム君」は、ご飯をススメルためのものだし、「おかずがいらない」は白米の褒め言葉だ。「冷凍ご飯だからチャーハンにしよう」なんてもってのほかだ。

考えを巡らしたところで、低脳はしょせん低脳だ。低脳なら低脳らしく、パクりの才能でもテキトーに発揮させておけばいいのだ。大御所の持ちネタを拝借して「チキンと白米のコラボレーションや」で、お茶を濁しフェイドアウトしておく。

 

f:id:shogot1978:20170610145854j:image

さらに、このスープが食べたかったのだが、低脳がゆえに、味の想像ができずに、二択が決まらない。 

思い切って試食の依頼をしてみると、あっさりOK。試食をしたらしたで、どちらもうまいので、またしても二択が決まらない。

試食で十分満足だったので、オーダーをとりやめようかという思惑が一瞬よぎったが、低脳はモラルまでをも手放してはならない。

身を引きちぎられる思いで、選択した。

f:id:shogot1978:20170610145810j:image

Soto Betawi だ。

見た目はあれだが、驚くほどウマイ。あるいは、見た目があれだったから、そのウマさに驚いた。

このスープがあれば、何杯でもご飯が食べれそうだ。しめしめ…。

 

このフードコートは、カード方式だ。

f:id:shogot1978:20170610202253j:image

このカードにお金をチャージして、お店ではこのカードから引かれる。ぴったり残金がなくなれば、ガッツポーズでもしたくなるが、まあそんなことに齷齪したくはない。フードコートの罠に素直に引っかかろう。

それか、また来ればいいのだ。うむ、また来よう。

f:id:shogot1978:20170610203044j:image