読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

リッポーチカラン ” Golden Egg Noodle ” たまご麺が食べれるところ──

f:id:shogot1978:20170409231343j:imagef:id:shogot1978:20170409231407j:image

うむ、のっけから写真も悪くない。

ずで〜ん とルコが並んでいるが、悲しいかな、まだまだ全てが埋まるには時間がかかりそう。

だからこそ、この黒地に黄色の文字の看板が、ひときわ目立つ。ズーっ と気になっていたのだが (向かいにある ”花蓮” に来たときにいつも気にしていた) 、遂に、遂に、のれんをくぐる、いや、のれんはなかった…、重い木の扉を右にひく時がきた──。

 

f:id:shogot1978:20170409232152j:image

木目調で、意外にも、お洒落な感じがする。このルコ内では、垢抜けてるお店と言ってもいいんじゃないかと思う。

f:id:shogot1978:20170409232445j:image

ほら、メニューもお洒落っぽい。

 

ここは、焼肉山亭とエリシウムの看板の間にあるルコにある ” Golden Egg Noodle ” というお店である。きっと、たまご麺を食べさせてくれるのであろう。

よう知らないので、チョット調べてみると、たまご麺は、つなぎを一切使わない(たまごを使う) 麺 とのこと。そのぶんコシがでるとか何とか…。ウンチクなんて食べ物を前にしたら、どうでも良いものに早変わり。

 

f:id:shogot1978:20170409233016j:imageブタたまご麺 スペシャル的な

f:id:shogot1978:20170409233043j:image鶏たまご麺

f:id:shogot1978:20170409233114j:imageスープを入れると、ますます美味そうだ。

 

あっさりスープで、とてもウマイ。

そして、安い──。

f:id:shogot1978:20170409233319j:image

 

朝食としても、昼食としても、もちろん夕食にだっていける。僕は、飲んだ後のシメにもってこい、だと思ってズルズルと麺を口に流し込んでいたのだが…、

f:id:shogot1978:20170409233624j:image

ありゃりゃ、残念ながら、営業時間は朝7:00〜夜19:00までだった…。いやいやそれなら、朝7:00まで飲んだときには、最高の場所になり得るってもんさ。