@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

リッポーチカラン Zuri EXPRESS Hotel の朝食ビュッフェ

リッポーチカランのマクドナルドの裏に、” Zuri EXPRESS ” というホテルがある。会議室を一度使ったことがあるだけで、宿泊などはしたことがない。ただ、立地条件も良く、快適なホテルとの噂は耳にする。外観は、何てカラフルなんでしょう、という感想を、誰もが口にしそうな配色であり、良い目印となる。

f:id:shogot1978:20170328141145j:image

ホテルがどんなにカラフルでも、ちゃんと朝食を食べさせてくれる。ホテルにありがちなブュッフェ形式なのだが、一人 Rp 75,000 する 。おそらく宿泊者は無料なのであろう。

f:id:shogot1978:20170328112048j:image

カウンターには、普段よく見る料理がずらりと並ぶ。

f:id:shogot1978:20170328112146j:imageパン、ケーキなどf:id:shogot1978:20170328112158j:imageお粥、チキンスープf:id:shogot1978:20170328112211j:imageソーセージ、ポテトf:id:shogot1978:20170328112223j:imageパスタf:id:shogot1978:20170328112239j:image珈琲、紅茶f:id:shogot1978:20170328112247j:imageジュース、フルーツf:id:shogot1978:20170328112257j:image味噌汁など

 

どぎつい空腹感で不快になるくらいの目覚めが訪れた時に、すぐさまここを訪れ、皿にありきたりの料理をできるだけのせ、人目もはばからず、料理を次から次へと口に放り込んでいく…、そんな感じのシチュエーションに、しっくりくるような朝食なのかもしれない。

※ 決してまずいと言っているわけではなく、味噌汁は日本を彷彿とさせるし、出来立てのオムレツは小さな幸せを感じる、そして満腹感はいつでもそうであるように、心地の良い睡魔を連れてくる。

 

入り口に広告が貼ってあったので、のせてみる。

f:id:shogot1978:20170328141329j:image

やや高めだが、弁当の配達広告であろか。それから、会議室のレンタル。

f:id:shogot1978:20170328141458j:image

結婚式もやっているのだろう。

何だか、浅く広くをモットーに色々やってます、のような印象を、あのカラフルな外観に与えられそうになる。

 

あぁ、Zuri って一体どんな意味なのだろうか…