@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

リッポーチカランで なな...なんと、ナンと一緒に 本場っぽいインドカレーが食べられる ‼︎ 余談で BonCabe ...

インドネシアで、しかもリッポーチカランで、まさかインドカレーが食べられるとは思ってもみなかったが、今回はインドカレー。

f:id:shogot1978:20161220223802j:image

またしてもシンガラジャ通りの、入り口(ウォーターブーム側) すぐの通りの右側にその店はある。

名は ” ASOKA RESTO ” 。

パッと見は、何の店かわかりにくいし、店内も決してキレイとは言えない。

ただ、ちゃんとビンタンビールは置いてあるし、カレーはとても美味い。

f:id:shogot1978:20161220225903j:image

f:id:shogot1978:20161220231250j:image

カレーの種類は豊富で、店員さんに色々聞いてみるとよい。

白米で食べるパターンもあるが、やはりインドカレーなので、ナンで食べたい。ナンもチーズなど3種類ほどある。

f:id:shogot1978:20161220230217j:image

カレーの他にもタンドリーチキンなど、サイドメニューも充実している。

f:id:shogot1978:20161220230345j:imagef:id:shogot1978:20161220231245j:image

この店の訪問は、すでに数回になるが、腹痛などいっさい起こさず、毎度毎度、辛さにひーこら言いながら、ブルブル汗をかき、ビンタンビールがぬるいと文句を言いながらも、美味しく頂いております。

一度だけ、この店にインド人が客で来ているのを見かけ、「どうだ?本場と比べて見劣りするか?」 と尋ねたところ、「メチャうまいよ」と言っていたので、それなりに、本場っぽさは出ているのではないかと、思っている。

 

カレーついでに。僕は無類のカレー好きというわけでもないのだが、それでもカレーは、この歳になっても今だに大好きだ。今夜はカレーよ、” よっしゃーっ‼︎ ” と、息子と喜び合うほどに。

ただ、最近の難点は、辛さを子供に合わす、ということ。辛口?中辛?なんて選択肢はなく、甘口なのである。インドネシア駐在で、舌も辛さ対応になってるのに、甘口はあんまりだ。

ちょうどそんな時に、甘口問題を解決してくれたのが、” BonCabe ” である。

f:id:shogot1978:20161221004007j:image

サンバルソースの粉末版と言ったところだ。辛さは3段階で、レベル 2,10,15。僕は専らレベル15の愛用者である。ミニマートやスーパーなど、どこにでも置いてある人気商品。子供のカレーと共存するには、必需品…。

f:id:shogot1978:20161221004519j:image