@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

” kampoeng nelayan ” リッポーチカランのシティウォークに清潔感を武器に佇んでいるインドネシア料理屋に行ってみた

リッポーチカランでは、モールリッポーに次ぐ暇つぶし場所になるであろうか、シティウォーク。

スーパーマーケットのファーマーズマーケットをはじめ、レストラン街、散髪屋、喫茶店、文房具屋、ゲームセンター、などが立ち並ぶ。

余談となるが、レストラン街と各店の間の道が工事をしていた。

f:id:shogot1978:20161106192134j:image

喜ばしいことだ。前から気になっていたのだが、雨後などにこのタイルの道を通ると、タイルの底に水がたまっていて、そのタイルを踏むとたまっていた水がビューと出てきて、靴が微妙に濡れ、不快感が訪れる。シティウォークの  ” あるある ” なんじゃなかろうかとも思っている。だから、工事でそのへんが解消されると、チョー嬉しい。

 

そんなシティウォークのレストラン街に、

” kampoeng nelayan ”

というインドネシア料理屋がある。

f:id:shogot1978:20161106192633j:image

海鮮メインな印象のお店。美味しい蟹を食べさせてくれそうだが、1オンス40,000ルピアと少々値が張り(1杯で200,000ルピアくらいか)、今回は諦めて海老をオーダー。

f:id:shogot1978:20161106192934j:image

 

店内も改装したてのようで、とても清潔感が漂う。半年前に、前のインドネシア料理レストランから譲り受けた模様。

f:id:shogot1978:20161106193244j:image

f:id:shogot1978:20161106193254j:image

f:id:shogot1978:20161106193312j:image

f:id:shogot1978:20161106193333j:image

 

インドネシア料理って、まとめてそう言っちゃうと簡単だが、ホントは地方ごとに、スンダ料理とかジャワ料理とかパダン料理なんかがあったりして、それぞれに持ち味や特色や歴史がある。

だから、ナシゴレンにミーゴレン、ついでにサテを注文して…、っていうのは、外国人向けインドネシア料理なんじゃないかと思っている。美味しいけど…。

そう言った意味では、ここ” kampoeng nelayan ” は、インドネシア料理屋である。

蟹は今度絶対食らう。