@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

リッポーチカラン 新名所「トリフン」はもう行った? 今後の動きから目が離せない ⁉︎

f:id:shogot1978:20170505010838j:image
雨季はいつ終わるのだろうか…。

昨日、そんなことを考えながら、夕食を摂るために久し振りに Casa Luna を訪れた。Casa Luna は、トリビウムテラスアパートメント内のルコに入っているレストランである。
関連記事はこちら↓

Casa Luna の料理は、相変わらずで、特別にどうこう言うつもりはなく、そんなことより、特別にどうこう言ってみたいのが、こちらだ。
f:id:shogot1978:20170504225419j:image
なんじゃ この噴水は??
前回訪れたときには、こんなのなかったはずだ。
池の底から自然に湧いてきたとは考えにくいので、きっと、誰かが何らかの目的を持って設置したのである。

対象が何とも滑稽に見えてならないし、インドネシアっぽさがあり、おもしろそうなので、妄想を働かせて設置の目的を探ってみる。

① アパートメントの住人を喜ばすため
もっとも妥当なところであろうか、が、僕が住人なら大失敗、ちっとも喜べやしない。窓から覗いて「まぁキレイ‼︎」なんて口が裂けても言えやしない。

② まだまだ氷山の一角に過ぎない、目的はもっと大きい
池を噴水で埋め尽くす計画があり、今後噴水の数は増加していき、立派な噴水ショーが将来的には行われる。僕が住人なら少し許せる。むしろ、心意気と本気度が感じられ、スタンディングオベーションをするかもしれないレベル。

③ 金儲け
知り合いから、トリビウムは5月から車で入ると、出るときには必ず Rp 3,000 払うように変わったぞ、と聞いた。これは、噴水の布石で、ちゃっちぃイルミネーション好きのインドネシア人を呼び込んだ際に、ふんどるつもりだ。1日100台通過で約3,000円、月10万円、それなりだ。

まぁまぁ、妄想で目的を探ったって、きっと良いことなんてない。
実際的な事として、心配しているのは、小魚をとっている人達だ。あの池が誰のものかは知らないが、あの池で、投網などで (必死な人は池の中に入ってる)、小魚をとっている人を、僕は時々見かけている。それを生計の足しにしている様子まで感じられる。
彼らから「なんじゃこれ!魚捕まえるのに邪魔じゃい!」って声が聞こえてきそうだ。生活に支障をきたすようなら、なおさらで、笑ってなんかいられない。
そんな彼らだったら、あんな噴水なんてもぎ取ってしまうんじゃないか。バキッと、まるで過去にアヒルボートがそうであったかのように…。


散々っぱら、噴水に色々と言ってきたが、Casa Luna でブンクス待ちをしているときに、これだけ色々と楽しませてもらったんだから、感謝ぐらいしないといけない。
感謝の印を考えていたのだが、この滑稽な噴水をリッポーチカランの新名所として、この拙いブログで紹介するぐらいが、ちょうど良いかなと。
” リッポーチカラン 新名所「トリフン」はもう行った? 今後の動きから目が離せない⁉︎ ” 
とでもしておこう。
※ちなみに、”トリフン”は、「トリビウムテラスアパートメントのふんすい」の略である。

最後に別の角度から
f:id:shogot1978:20170505010223j:image
頑張れ‼︎ トリフン‼︎ 

バンドゥン で食べた 美味しいモノ 3つ挙げるなら…

バンドゥンにも色々と美味しい食べ物があるとは思うが、今回で食べた印象的な3つを記しておく。


Mie Tek Tek

バンドゥンにて、Aryadutaというホテルに1泊したのだが、その時の朝食ビュッフェで出くわした。

f:id:shogot1978:20170503004948j:image
f:id:shogot1978:20170503005025j:image
作ってくれているにいちゃんの言葉を信じるなら、この Mie Tek Tek は、バンドゥンの料理とのこと。タマゴと秘密の液体のようなもので味を決め、そこに麺を放り込むのである。とても美味しい。
ホテルの朝食会場だから、綺麗に見えるが、料理の道具や材料を見ると、ワルンレベルの代物であろう。B級グルメチャンピオン級。
f:id:shogot1978:20170503005914j:image

ついでに、Aryadutaホテルの情報を写真で。アゴダみたいなサイトで安くなっているのを狙っただけだが。
ロビー
f:id:shogot1978:20170503231733j:image
部屋
f:id:shogot1978:20170503231619j:imagef:id:shogot1978:20170503231647j:image
ジム、マッサージ
f:id:shogot1978:20170503231830j:image
f:id:shogot1978:20170503231858j:image
眺め
f:id:shogot1978:20170503232018j:image

Sate Kelinci

バンドゥンでは有名なうさぎのサテを今回ようやく食べれた。
f:id:shogot1978:20170503010215j:image
f:id:shogot1978:20170503010239j:image
f:id:shogot1978:20170503010259j:image
うさぎだからどうこう言うのは、よくないね。ありがたく美味しく頂ける。鶏肉に近い感じ。また食べたい、今度はビールと一緒に。

トウモロコシ
バンドゥンは標高が高いので、野菜の産地となっている。いちごや茶畑をよく見かけるが、トウモロコシも負けじと多い。
f:id:shogot1978:20170503221103j:image
f:id:shogot1978:20170503221132j:image
アツアツにバターを練りこんでくれるから、より美味しくなる。

この三つは、次に行ったときも食べる、と心に決めている。

バンドゥン で ” Angkulung アンクルン ” の生演奏が聴ける ‼︎なかなかいいよ。

◻️ アンクルンって何?
f:id:shogot1978:20170502213501j:image
これがアンクルンだ。竹で作った打楽器である。
第一印象は、僕の田舎のじいさんは自己満で色々 (竹トンボや竹笛、切り株からの彫刻などなど) と作っていたのであるが、それらに雰囲気がとても似ていて、じいさんの作品に紛れてても違和感がない、まである。いわゆる、ローセンスの田舎っぺ。(念のために、僕はローセンスの田舎っぺが、嫌いなわけではない)
これをユサユサゆすって、音をならすのだが、音階によってこのサイズが変わってくる。低いとデカく、高いとちっちゃい。ドレミファ・・・ドまで並べるとこんな感じ。ローセンスも集まりゃオブジェと化す。
f:id:shogot1978:20170503000015j:image
バンドゥンは竹の産地のようで、楽器としても使っていたようだ。


◻️ どこで聴ける?
このアンクルンを使った演奏を聞ける場所がバンドゥンにはある。
” Saung Angkulung Udjo ” という劇場だ。だいたいの場所はこちらになるが、詳細はコピペでグーグルマップ様が案内してくれる。
f:id:shogot1978:20170502215123p:image


◻️ それは どんな感じ?
その劇場では、大まかに、「人形劇→演奏ダンス→会場全員で演奏→大演奏」の流れで、プログラムは進む。毎日午後3時半から5時半までやっているらしい。
竹から放たれる音色は、聴いていてとても気持ちが良い。日本にも馴染みのある ” 竹 ” ということが、影響しているのかもしれない。不思議なもので、アンクルンの数が増えれば増えるほど、音色の質も上がってくる。” ローセンスの田舎っぺ ” も、数が集まれば、” ハイセンスの垢抜け ” に成り得るのかもしれない。
こういう芸術系のことは、いくら言葉を並べても伝わりきらないもので、とりあえず写真で雰囲気を…。
f:id:shogot1978:20170502215903j:imagef:id:shogot1978:20170502220515j:image
f:id:shogot1978:20170502220443j:image
f:id:shogot1978:20170503000946j:image
f:id:shogot1978:20170503001053j:image
芸術系のことは、写真を並べれば伝わるものでもない…。リアルに限る。


◻️ 最後に
アンクルンの演奏に、心を癒された。毎日CDで聴こう‼︎ という類のものではないが、アンクルン村の劇場で聴いた演奏は、とても良かった。一度は聴いておきたい代物だ。
この村に、” 竹 ” が沢山あったから、そこに住む人々はそれを使って、娯楽を創った。それは、人々の心を豊かにしたに違いない、あれだけ素敵な音色なのだから。
アンクルンはユネスコの無形文化遺産なのだが、いつ誰が、素敵な文化をビジネスに使ってしまおうと考えるのであろうか。芸術がお金儲けの手段になってしまう瞬間は、とても気を付けた方が良いと個人的には思っている。何かがうまれている一方で、大切な何かを失っている、そんな。
僕のじいさんの、飽くまで ” ローセンスの田舎っぺ ” 作品は、金儲けに使えなかったのか、使わなかったのか、は定かではないが、少なくとも僕は今でもそれらを忘れていない。



参考に、パンフレット。見にくいが…
f:id:shogot1978:20170503001539j:image
f:id:shogot1978:20170503001604j:image

バンドゥン ” Rumah Makanan Sari Sunda ” レストランは、大統領が訪問するレベルのお店のようだ⁉︎

2017年4月──。
インドネシアは三連休が三週連続であった。有意義に過ごしてこなかったわけではないが、最後の三連休を利用してバンドゥンへ─。もちろん、渋滞状況に敏感になりながら。

バンドゥンは、今回で4回目となる。カワプティをメインにした1回目、世界最大室内遊園地トランススタジオとレンバンを中心にした2回目、特に何もできなかった3回目、に次いでの4回目である。渋滞さえなければ、ジャカルタに行くよりも気軽な感じがするし、何より行っただけの価値がありそうな気がする。


空腹を満たすために、まずは、スンダ料理を堪能しようと、” Rumah Makanan Sari Sunda ” というレストランへ─。

f:id:shogot1978:20170501021421j:image
このレトロな看板が歴史を物語る…

f:id:shogot1978:20170501021613j:image
この古そうな建物が、RM Sari Sunda なのだが、建物に入ると早々に、
f:id:shogot1978:20170501021846j:imagef:id:shogot1978:20170501021907j:image
ジョコさんが来られた時の写真に、ジョコさんの一個前の大統領が来られた時の写真が、並べられている。なので、それなりに由緒あるレストランなのかもしれない。

店内 ─。
f:id:shogot1978:20170501022223j:imagef:id:shogot1978:20170501022253j:image
店外 (庭的な…) ─。
f:id:shogot1978:20170501022533j:imagef:id:shogot1978:20170501022603j:image

スンダ料理なので、デルタマスにあるアラムサリ(最近場所を少し変えて、リニューアルしたようだが) によく似た感じで、アラムサリで十分だと思うが、大統領訪問の実績と歴史の雰囲気が欲しい場合は、こちらだ。

サテ
f:id:shogot1978:20170501090002j:image
ソトアヤム
f:id:shogot1978:20170501095341j:image
テンペイ
f:id:shogot1978:20170501095445j:image
アヤムゴレン
f:id:shogot1978:20170501095634j:image
ナシプティ
f:id:shogot1978:20170501095739j:image
ガドガドのような野菜
f:id:shogot1978:20170501095410j:image
サンバルソース
f:id:shogot1978:20170501095806j:image
物珍しいものは特にはなかったが、歴史を感じながら美味しく頂けました。値段もとても良心的である。
高速道路を降りた近くにあるので、バンドゥン訪問のはじめの食事に良いんじゃないかと。
↓このへん。
f:id:shogot1978:20170501235016p:image


f:id:shogot1978:20170501095910j:image

クラパガディン ”一喰堂 ikkudo” は あんま好きになれない その理由──。

クラパガディンのモールにラーメン屋の山頭火がある、そして、クラパガディンはラーメン激戦区だとか何とかという情報をネットから得たので、モールへ向かってみた。がしかし、探せど探せども 期待の山頭火はなく、レセプションで尋ねると、「今はもうなくなりました… 」とのジョギングな返答。

やれやれ、ネットの情報は新しいのがいいね。

もうすっかり我々は、ラーメンの口と舌になってしまっていたので、強引にラーメン屋を探しにいったところ、” 一喰堂 ikkudo ” というラーメン屋があった。

f:id:shogot1978:20170429220141j:image
日本では聞いたこともない名前だが、漢字で書かれているから日本のラーメン屋でなのであろう、と勝手に想像。

f:id:shogot1978:20170429220145j:image
f:id:shogot1978:20170429220214j:image
豚骨ベースのラーメンでまあまあ美味しく頂けた。バリハイがあったのは、トランポリン後であったので助かった。客もそこそこ入り、賑わいを見せている。
f:id:shogot1978:20170501014607j:image

がしかし、後から調べたのだが、一喰堂 ikkudo は、インドネシアの博多一幸堂のシェフみたいのを引き抜いてできたラーメン屋だ、とか何とかと書かれていた。
まぁ所謂、パクリもんをまんまと食べさせられたというわけだ。参った参った…。店内やラーメンの雰囲気が変に似ているから気持ちも悪くなる。

暖簾を分けるのと、レシピの盗み的なことは、パッと見わからないが、当然ながら雲泥の差があり、そのお店の考え方やコンセプトなどが関係してくるから、気をつけた方が良い、と僕が言うことではないのだが、道義的にそう思う。

同じようなチカランの何処かのお店も一体どうなることやら…。

f:id:shogot1978:20170430052150j:image
看板もどこかしら、気合いが抜けてるように見えるのは気のせいか…。

インドネシアでまさかのトランポリン‼︎その驚きの効果とは⁈

トランポリンなんて全く興味がなかったし、それこそ小学生の時にちょっとやってみた記憶があったような…、くらいなものだ。

それなのに、トランポリンのイメージはなぜか明確にあるから、不思議なモンだ。

そして、近年日本でもやったことがないのに、インドネシアでやることになろうとは、夢にも思わなかった。

f:id:shogot1978:20170430071745j:image

” Amped Trampoline Park ” を訪れた。場所はクラパガディン。リッポーチカランからだと、車で渋滞なしで1時間かからないくらいであろうか。決して近い距離ではないが、毛嫌いする程の距離でもない。

グーグルマップに ” Amped Trampoline Park ” と入れると、道順と時間を教えてくれる。


まずここで受け付けをする。会員登録みたいなことをする。面倒だが仕方がない。

f:id:shogot1978:20170430073158j:image

料金は、大人も子供も同額。1時間で、土日祝日はRp 150,000 で 平日はRp 125,000。決して安くはない。

f:id:shogot1978:20170430073448j:image

それから、必須で靴下購入。なるほど、滑り止めがついたトランポリン用というわけだ。

f:id:shogot1978:20170430073927j:image

靴下の裏にこんなにゴムがついてるのなんて、みたことない。ゴム手袋ならず、ゴム靴下みたいのがあったらいい。


f:id:shogot1978:20170430074055j:image

こんなに、トランポリンが設置されているのである。まさにトランポリンの絨毯である。

f:id:shogot1978:20170430074310j:image


どちらかと言うと、まるで卓球のように (賛否両論あるのだが、卓球は上手くなればなるほどマニアックさが増していくように感じている。球筋に変化をつけるためにフォームが滑稽になったり、顔が歪んだり、奇声をあげたり、そういった外見での意味で…) 、マニアック系なスポーツだとばかりだと思い込んでいた。

ところが、飛び跳ねるのが気持ち良いマニアックさだけでなく、色々と調べてみると、トランポリンはダイエットにも向いているスポーツなんだと。

話によると、トランポリンでの飛び跳ね5分が、ジョギング30分ぶんのカロリー消費に匹敵するそうだ。とてつもなく爆裂な効率だ。

それもそのはず、僕はちょっと飛び跳ねただけで、汗はありとあらゆる毛穴から吹き出し、血液中の酸素不足が、心臓と肺の活動をいつも以上に活発にさせ、僕に気怠さを届けていた。もちろん翌日には、立派な筋肉痛に襲われていた。爆裂なカロリー消費の証である。


トランポリンのダイエットブームが、あったのかどうなのか知らないが、Amazonなんかでは、現在は 2800円くらいでトランポリンが購入できるらしい。

機会があれば、購入して、爆裂なカロリー消費を習慣化し、素敵な身体を手に入れたいものだ…。

あるいは、週一回程度この ” Amped Trampoline Park ” に通うか…。

あなたなら、どっち ⁇



” WING STOP ” は、手羽先専門店 ‼︎ ” 世界の山ちゃん ” との差は何か ⁉︎

僕はファストフードが好きなわけではないのだが、ファストフードの記事が意外と多くなっている。

そして、その記事はなぜか、軽くてジャンキーな内容になってしまっている、まるでファストフードのように。別に軽くてジャンキーだっていいではないか、迷惑さえかけなければ。
 
f:id:shogot1978:20170422114347j:imagef:id:shogot1978:20170424170749j:image

リッポーチカランにはまだないようだが、” WING STOP ” がインドネシアにも増えてきているようだ。

パッと見、メインは何だ?と思ってしまったが、chicken wings と書いてあるので、おそらくは手羽先なのであろう。日本の ” 世界の山ちゃん ” (愛知県から始まった手羽先専門のチェーン店) のファストフード版みたいなものかと、勝手に想像してしまう。

f:id:shogot1978:20170423193434j:image

手羽先の味付けのチョイスができ、いくらかの種類からガーリックを指定。

f:id:shogot1978:20170423193659j:image

こんなに粉をかけるのか?というぐらい、味付けの粉がかかっているので、ちょい濃いめに感じるが、まぁいいではないか、迷惑をかけないレベルであれば…。それに、ドリンクが飲み放題なので、多少味付けが濃くても大丈夫そうだ。

 

そんなことを言いつつも、このファストフード店は一体何なのか、とグーグル先生に尋ねてみると、こんな答えを返してくれた。

「我々は、手羽先を売っているのではない、フレーバーを売っているのだ」と、

なるほど、チキンなんてありふれ過ぎているから、その味わいのバラエティさに価値を見出しているというのだ。チキン主流のインドネシアには、良いかもしれないと個人的には思ってしまう。

かと言って、迷う程のフレーバーがあると困ってしまうが、迷惑をかけないギリギリのラインなら、許容であり、とても楽しめる。 僕がガーリック風味をチョイスするまでには、確かに迷惑何てまるでなく、そこには、選択できる楽しみと幸せが、居座っていた。

 

” WING STOP ” は、ジャカルタに行けば目にするし、バーガーキングのように、そのうちチカランにもやってくるかもしれない。

せっかくの手羽先繋がりなので、世界の山ちゃんとのコラボなんかすると面白くなりそうだ。老舗の風来坊なんかよりは、コミカルな感じがあるので、合うかと。

こんな手羽先の上手な食べ方、なんてものがあると、より楽しくなる。

f:id:shogot1978:20170429204312j:image

 http://macaro-ni.jp/27664


是非日本に帰った時には ” 世界の山ちゃん ” を訪れ、” WING STOP ” との差に想いを馳せたりすると、世界中の鶏たちも多少は救われるかもしれない。