読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

ジャカルタ ” MARUTAMA RA-MEN まるたまらーめん ” ジャカルタプライスとチカランプライス

ひょんなことで、滅多なことがない限り行かないジャカルタへ、スナヤンあたりへ行ってきた。

ジャカルタの中心地だと、お食事処も豊富にあり、どの店もうまそうなので、食いしん坊の僕としては、迷う条件が十分に揃ってしまう。だから、昼食にありつけないんじゃないかというくらいに、手をあごに当てながら、思う存分に、迷いに迷った。

f:id:shogot1978:20170306004306j:image

が結果、無難な ラーメン屋  ” MARUTAMA RA-MEN まるたまらーめん ” 。ここは、プラザインドネシアにも入っていたように記憶している。

f:id:shogot1978:20170305211008j:image

ラーメンなんてハズレがないし、みんな大好き、だから ” らーめん税 ” の勧めはどうかと、その記事は↓の最後の方。

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170212/1486901578

 

まぁまぁ、美味しく食べたので、文句はないのだが、お食事処のチカランとジャカルタの差を少々。

一般的に、ジャカルタ都会プライスと、チカラン田舎プライスで、お食事処の値段の差は、語られる。全くもってそうなのだが、その差がデカすぎるんじゃないかと。

チカランのラーメン屋なんて、一杯 Rp 65,000 ぐらいがいいところであろう。一方で、この まるたまらーめんは、Rp 95,000 もする。味的には、そこまで差はないのに。

印象的に、ジャカルタの飲食店 (日本食とか富裕層向けの) の値段は、チカランのそれの1.5倍くらいするんじゃないだろうか、思えてきてしまう。

その象徴が、ラーメンだけでなく、お茶や水であろう。ジャカルタでは、飲み物を頼まないと何も出てこない。そして、お茶や水が、Rp 11,000 程 料金がかかるのである。慣れない田舎モンは、ビックリして文句が喉までやってきた。

 

そこまでの差は、ないのではないか…

 

ジャカルタの方が、お店の数も多く、美味しいお店も至る所にあるのであろう、少々値段は張ってしまうが。

チカランの方が、お店の数は多くはないが、美味しいお店が迷わない程度に揃っている感じがする、そして、お手頃価格である。

全ては、嗜好の問題だ。どちらがいいかと問われれば、僕は、この件については、少しも迷わずに後者を選べる。

リッポーチカラン パパイヤに グリコの アイスキャンデーが ついに 入った ‼︎

ちょっと前に、リッポーチカランのパパイヤにグリコ専用?のアイスクリームの冷凍庫が置かれていた。

f:id:shogot1978:20170218104942j:image

モナカなど美味しそうなアイスクリームの写真が並んでいるのだが、肝心なアイスクリームはなく、冷凍庫の中には何故かビールがキンキンに冷やされていた。そして、何故かそのビールがやけに美味しそうに見えてならなかった。

f:id:shogot1978:20170226105621j:image

 

 

と思っていたら、先日ついに専用冷凍庫にアイスクリームが並び始めた。

f:id:shogot1978:20170226105914j:image

種類がたくさんあって、嬉しい限りである。

f:id:shogot1978:20170226110108j:imagef:id:shogot1978:20170226110136j:imagef:id:shogot1978:20170226110211j:image

さっそくいくつか食べてみた。さすがジャパン品質で、安心して美味しく頂ける。

インドネシアのアイスクリームは、ユニリーバなどがあり、比較的種類が豊富なので、激戦必至の雰囲気が漂う…。

 

もちろん、日本人がグリコのアイスクリームを買ったって、法的にもモラル的にも何ら問題はないのだが、忘れてはいけないのは、グリコさんは、きっとインドネシアに駐在している日本人のためにアイスクリームを供給しているわけではなく、インドネシア人に、より美味しいアイスクリームを食べてもらおうと思って、わざわざインドネシアに工場を建てたのだと思う。

なので、味が日本のそれとは多少違っても、それはインドネシア人向けだからだと理解を示し、あーだこーだ言わない姿勢でいたいものだ。

幸いなことに、風の噂では、製造が追いつかないほど売れているとかなので、いつの日か、インドネシアのアイスクリーム市場のシェアを奪うことになれば、日系企業として嬉しい限りである。

 

さて、小腹が減ったので、グリコのアイスキャンデーでも食べるとするか。

 

インドネシア お金の話 〈必見〉

インドネシアのお金の話と言っても、預金の利回りがどうとか、投資がどうとかいうものではなく、単純に紙幣の話である。それも、ふざけたような。

 

最近、お札が新しくなった。昨年の12月頃からであろうか。せっかくだから、ゼロを2つか3つ取っちゃえば良かったのに、と誰しもが思うところであろう。桁が多いと、金持ち気分を味わえるメリットはあるものの、あとは間違えやすかったり、財布が分厚くなり過ぎたりと、悪いことの方が多い。

f:id:shogot1978:20170226125217j:image

紙幣を新しく変えた目的は、特殊な素材の紙やカラー効果を使用し、偽札の蔓延を防ぐことらしい。

値段を時々、紙幣の色で呼んでいる僕にとってみると、それぞれの色が変わらなかったのは、救いである。

リッポーチカランにもようやく出回り始め、僕のところにもついにやってきた。

f:id:shogot1978:20170226125528j:imagef:id:shogot1978:20170226125532j:image

クッシャクシャに草臥れた紙幣も多かったので、一新されて良かったかもしれない。古い紙幣は15年後まで使えるそうだ。

 

 

紙幣の話のついでに、たまに使う小ネタについて書いてみる。

古い Rp 5,000 紙幣は、インドネシアに来た人であれば、一度は手にする紙幣であろう。手にするケースはあっても、透かして見たことがある人は、多くはないのではなかろうか。

古い Rp 5,000 紙幣の透かしは、実は2種類ある。

f:id:shogot1978:20170226233823j:image

まず1つ目がこれ。まぁまぁ、あまり精巧とは言えないが、インドネシア紙幣はこんなもんかと思えるレベルである。

もうひとつは、こちら。

f:id:shogot1978:20170226234033j:image⁉︎

はじめて見たときは、お酒も入っていたせいか笑いが止まらなかった。この透かしは、小学校高学年の絵画レベルなのではなかろうか、と疑うぐらいの出来栄えである。これを国家の紙幣に採用するなんて、きっと深妙な事情があるのだろう。おふざけ国家バンザイ。

 

新札の登場で、徐々になくなっていくであろう、この Rp 5,000 紙幣。なくならないように、財布にこの2種類だけは、確保しておくことにする。

リッポーチカラン 我が家に住んでる虫たちの紹介

日本で生活していた時は、考えられなかったことだが、我が家は、虫たちと暮らしている。

虫たちと暮らす と言ってしまうと、まるで、人間と虫の共生、あるいは、お互いに支えあいながら、みたいなイメージになってしまいそうだが、まるで違う。我々は虫が入ってくるのを拒むし、虫たちは生活を我々に邪魔されるのを嫌がっているようだ。

 

こばえ

 f:id:shogot1978:20170225221841j:image

トイレ洗面所で、発生する。どこからくるのか?と、トイレ洗面所で、隙間という隙間を徹底的に埋めて、彼らの侵入を抑えようと躍起になっているのが、妻 である。最近の趣味か?と尋ねたくなるくらいなのだが、せっかくのバトルに水をさすわけにはいかない。ここまでやるのか‼︎  と尊敬の念を抱きそうになりそうな取り組みに拍手を送りたい。

減りはしたが、まだ存在し、我々を馬鹿にしたような飛び回り方は、決して許されたものではない。

 

トムキャット

f:id:shogot1978:20170225222411j:image

インドネシアではちょっとした有名な虫である。人の肌の上を毒みたいなエキスを出しながら這うので、ミミズ腫れになってしまうとか。

気付けば部屋にいる彼ら、いつも娘に見つけられ、彼らが持つ毒素より強力な殺虫剤を娘にかけられ、ジ・エンド。娘の彼らを見つける能力はおそらく天性のものだが、彼らに執拗に殺虫剤をかけまくるあたりは将来がちょっとだけ心配になってしまう。ただ、娘は若くして、トムキャットハンターの称号を手に入れているのである、あっぱれ。

一度だけ、トムキャットを腕に這わせたことがあるのだが、ミミズ腫れにはならなかった。仮説ではあるが、彼らはいつも毒素を出しているのではなく、何か気にくわないことがあったときや、身の危険を感じたときなどに、出しているのではなかろうか、と。実は、極悪の虫でもないのかもしれない。

ただ、じっと彼らを見ていると、我々を馬鹿にしたように、たまにお尻を左右にフリフリしている行為は、決して許されたものではない。

 

ヤモリ

f:id:shogot1978:20170225223315j:image

東南アジアでは、よーく目に入るヤモリ。悪さはしないどころか、虫を食べてくれるので、どちらかといったら我々の味方であろう。ヤモリは屋守である。さらに、彼らは鳴くのだが (キーキーキーと)、七回で鳴き止んだのを聞くと幸せが訪れるという神話まで持っている。

ただ、トイレ洗面所のコバエどもを、食べていないサボりにも似たその行為は、決して許されたものではない。

 

アリ

言わずと知れた アリ 。忘れた頃にこそこそとやってくる。弱小の代名詞の彼ら、数がいれば何とかなると思っている陳腐な思考は、我々をよりイラつかせる。それは、決して許されたものではない。

 

 

我が家には、色んな虫がいる。どちらかと言うと友好的なモノ、中立的なモノ、どうみても敵対的なモノ、彼らを排除するのは、家の構造なども関係してくるので、永遠のテーマのように感じてしまう。

 

実際問題、気になる程もいないのだが (たまにギョッとする程度)、リッポーチカランの田舎ならではな感じがしたので、記録に残し、記憶にとどめておく。

 

リッポーチカラン イタリアン料理 ” OTTO オットー ” 食べ放題がアツイ‼︎

OTTO オットー の食べ放題になかなかありつけずにいたが、ようやくご対面。

f:id:shogot1978:20170225202124j:imagef:id:shogot1978:20170225202656j:image

肉が目的であったので、

” 肉ステーキ食べ放題 Rp 250,000 ”

で良かったのだが、多少の躊躇をはさんでから、

” ウィークエンドブランチ Rp 300,000 ”

を選択。いつもなら、飲み放題も迷わずオーダーするが、喰うことに専念するために、今回はアルコール抜き。

それにしても、食べ放題なんていつ以来だろうか…、学生の頃はよく行っていたのを思い出し、懐かしさがこみ上げる、それが感傷を呼び、感傷達が涙腺をくすぐり始め、いよいよ涙が出来そうだというところで、子供のやかましい声が耳から入ってきて、涙腺達がくすぐりをやめたかと思うと、目の前にドーンと肉ステーキが登場。

 

f:id:shogot1978:20170225213601j:image

肉ステーキ4枚喰らう。食べ放題だからといって、悪い肉なわけではなく、美味しく沢山食べられる。お客の数が多いと、オーダーを忘れられたり、肉が届けられるのが遅かったりする。今回は珍しくお客さんがほぼ満席であった。

f:id:shogot1978:20170225213851j:image

生牡蠣10個喰らう。ボリューム感は文句の付けようがなく、それでいて味も良い。一口で頬張れば、口いっぱいに牡蠣の旨味を広げることができる。日本では考えられないコストパフォーマンスなので、きっと良い牡蠣をとても上手に仕入れているのだと思う。

 

飽きもせず、肉ステーキと生牡蠣だけをひたすら食べた。もう食べ放題という年齢ではないのだが、久しぶりに量にて大満足であった。

10時から15時までやっているので、作戦次第ではもっと食べることができるであろう。そんなことして何になる、久しぶりの食べ放題で、思考までまるで学生のように若返ってしまった。おそらく、涙腺を変にくすぐられたせいであろう。

大袈裟ではなく、この値段で、この食材は、十分お得である。お財布的にも味的にもお得ということである。涙腺にだけ気を付ければ完璧だ。

 

明日からまた、量より質、そしてお酒は浴びるように、に戻して年相応の食生活を送り、若返ってしまった思考回路を早くもとに戻さなければならない。

f:id:shogot1978:20170225215207j:image

 

最後に、OTTOさん色々とやっているようなので、写真で紹介。

f:id:shogot1978:20170225215344j:imagef:id:shogot1978:20170225215408j:imagef:id:shogot1978:20170225215441j:image

 

ジャカルタ 洪水は こんな感じ。最近の雨…。

いきなりだが、まずは、この動画を見て頂きたい。 

 

” 動画で一言 ” みたいなのがあったら、良い題材になりそうな、ツッコミどころ満載の動画である。(僕のインドネシア人の友人の友人が撮影したモノを頂きました)

決して、” 動画で一言” をやるために載せた訳ではなく、ホントのところは出オチなのだが、ついでに洪水について、あれやこれやと書いてみる。

 

 最近雨が多い

ここのところ (本日2017年2月26日)、リッポーチカランでは、雨が降り続いた。東南アジアの雨季というよりは、日本の梅雨に近い感じの雨である。こんな雨の降り方は、インドネシアに住んでいて初めて経験した。

雨がどんな降り方をしようが、僕には文句をつけれる筋合いはないのだが、少なくとも、この雨が、洪水をもたらした。

リッポーチカランは大きな水溜りぐらいで済んだようだが、ジャバベカやブカシやジャカルタでは、大なり小なり洪水となったようだ。出オチ動画はジャカルタだ。

ただ、梅雨みたいな雨が続いたから、洪水になったわけではなく、毎年雨季になるとジャカルタでの洪水の話は、よく耳にする。

 

なぜ洪水がなくならない?

毎年洪水が起こるなら、何らかの対策をすれば良いと思うのだが、それをせずにいられるのは、きっと、インドネシア人にとって、洪水は災害という認識ではないのであろう。

洪水になったところで、いつも最終的には何とかなってるし (時間が解決してくれる) 、むしろ、今回は水位が腰まできた‼︎ など洪水のレベルを面白おかしい話題として取り上げるような、そんなちょっとしたイベント的な位置付けなんじゃないかと思えてくる。

洪水災害に対して本気になる人間がいないか、あるいは、洪水対策がホントにできない何かがあるのかもしれない。

f:id:shogot1978:20170225094323j:imageマンガドゥア

 

洪水の嫌なところ

洪水は、水が溢れかえるので、ドブ水やら廃水やらそのへんの水が全部一緒に混ぜ合わさって表に出てきてしまうので、不衛生に起因した病気が広まるような話も聞く。

それから、動画もそうなのだが、水溜りになってしまうと、地面の様子が全くわからなくなってしまう。日本のようなキレイな道路なら、地面の様子を疑う必要はないが、インドネシアは疑わなくてはならない。疑ったところで、とうにもならないのだが、気付かないで ” ガッッタン‼︎ ” となって 鞭打ち症 になるのは避けたいところだ。

 

インドネシア人と一緒になって、洪水の話題で楽しんでいると、ひょっとしたら、病気や鞭打ち症になってしまうかもしれないので、災害の緊迫感は忘れずにいたいものだ。

 

チカラン でお風呂に入れる その2 ”さくらホテル”

先日、サンクレストレジデンスで、お風呂に入れさせて頂いた。

その記事はこちら : http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20161224/1482585969

今回は、Sakura Park Hotel さくらパークホテルのお風呂へー。

f:id:shogot1978:20170219183150j:image

さくらホテルは、デルタマスのGIIC工業団地に一番近いホテルなので、利用者も多いんじゃなかろうか。大きくて立派、が表現的に一番しっくりくるような気がする。

f:id:shogot1978:20170219183525j:image

中に入ると、この”おしん”の絵画に度肝を抜かれる。夜にヒドく酔っ払って帰ったりしたら、お化けか何かに見間違えて叫び声をあげてしまいそうだし、せっかくの快適な目覚めも、これが目に入るとどんより気分にさせられそうだ。

まぁ、インドネシア人は”おしん”が大好きなので、こうなってしまった経緯もおぼろげに見えてきそうなものだ。

f:id:shogot1978:20170219184338j:imageやれやれ、1枚では足りないか、2階の裏にはもう1枚。

 

そんな ”おしん” 絵画に歓迎されているような気分になりながら、お風呂に入りにいく。

ビジターは、レセプションにてチケットを購入する。チケットを握りしめ、2階の ” The Japanese Bath ” へと向かう。

f:id:shogot1978:20170219185020j:imagef:id:shogot1978:20170219185048j:image

少しわかりにくいが、すぐにわかる。

f:id:shogot1978:20170219185317j:imagef:id:shogot1978:20170219185343j:image

ジャグジーのお風呂と小さな小さなサウナがある。まぁ、お風呂に入れるだけでもありがたいのだが、それしかない、サウナは小さ過ぎるので、扉を開けるとすぐに部屋内の暖が逃げてしまうし、シャワーは何故かお湯が水にすぐに変わってしまう。

それでも大きなお風呂はありがたく、足を存分にのばして入るお風呂は最高だ。

f:id:shogot1978:20170219185857j:image

そして、最低限のモノは揃っているので、気軽に手ぶらで訪れることができる。

このお風呂にビールが付いて、Rp.120,000 なのだが、サンクレストは同等で Rp.36,500 、ただ単に値段を比較しても仕方がない、好みや立地条件など、各々で判断基準は異なる。ただ、それにしても、値段の乖離が大きいと感じてしまうのは、まっとうな感覚かと思う。

その乖離を埋めるために、書くわけではないが、さくらホテルは、下記のようなサービスも併設されている。

f:id:shogot1978:20170219211028j:imagef:id:shogot1978:20170219211045j:imagef:id:shogot1978:20170219233327j:image

お風呂は、水曜日がレディースデイ(知らずに男性が入ってきてしまうというトラブルを噂で聞くので要注意) 、少々お安く Rp 100,000 。マッサージに、そして散髪もある。もちろん、プールにジムもある。

f:id:shogot1978:20170219211310j:image散髪風景

その気になれば、散髪して、プール入って、マッサージして、お風呂に入って、レストランで食事をして、1日過ごせるかもしれない。お試しあれ。

f:id:shogot1978:20170219211635j:image