読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

リッポーチカラン シンガラジャ通りの ” ごち ” ラーメンも絶品 !!

リッポーチカランのシンガラジャ通りのネタが続いてしまっている。これは何もかも、シンガラジャ通りの復調のせいであろう。

だから、それはきっと喜ばしいことなのである。

 

ごちのラーメンを食べる──。

前回ごちを訪れたときには、満腹になり過ぎて、らーめんを食べれずじまいであった。

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170416/1492314309

(そのときの記事はこちら↑)

冷えたビールと、美味いつまみと、素晴らしい照度のもてなしが、結果的にらーめんを食べさせてくれなかったのだ。

( 要は、ペース配分を狂わされるほどの、おもてなしであった、ということ)

 

ごちの前身の らーめん180 は、シンガラジャ通りだけではなく、デルタマスにもお店を構える (今もある)。最近は訪問頻度がめっきり減ってしまったが、昔はヘビーローテーションで訪れ、”カレーつけ麺” ばかりを注文していたのが、懐かしい。

ごちに まだ ”カレーつけ麺” があるのかどうかは、興味深いところだ、”カレーつけ麺” ファンにとってみると、非常に。

 

 

f:id:shogot1978:20170528191446j:image

f:id:shogot1978:20170528191510j:image

f:id:shogot1978:20170528191530j:image

f:id:shogot1978:20170528191555j:image

他のお店では食べられなさそうな、鶏肉のハムなど絶品が並ぶ。どれもホントに美味い。

 

 

f:id:shogot1978:20170528191901j:image

さて、今回のターゲットのらーめん。メニューをのぞいてみると、” カレーつけ麺 ” の文字がみえ、それは、余裕でレギュラー勝ち取りました、みたいな表情にみえてならなかったし、僕は僕で安堵で胸を撫で下ろすこととなった。

 

f:id:shogot1978:20170528211119j:image

ただ、ごち での初らーめんが ”カレーつけ麺” というのは、いくらそれが好きでも、何かが決定的に違うように感じる。礼儀や作法や拘り、そういった類の話だ。

だから、この日は ”とり白湯塩ラーメン” とした。ラーメン180らしい美味しいラーメンである。

 

 

f:id:shogot1978:20170528211936j:image

らーめんで、しまれば良かったのだが、デブの習性のひとつに、こういうところに目がないことが挙げられる。目がないだけならまだ良いが、食べる言い訳が瞬時に思い付くので、これまたタチが悪いというか、何というか…。

f:id:shogot1978:20170528212424j:image

f:id:shogot1978:20170528212446j:image

 

 

ごちは、らーめんも美味しい。

また行きたいお店だ。

リッポーチカラン ” 響 HIBIKI ” シンガラジャ通りの活気に一役買う⁉︎

リッポーチカランのシンガラジャ通りがさびれてきている、なんて言ったのは誰だろう?

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170312/1489295735

僕である。

決してウソではなかったとは思うのだが ( まぁそもそも、さびれてるなんて判断は、とても個人的なものなので、公認も非公認もないのであるが )、最近、シンガラジャ通りは復調の兆しが見え隠れしているような気がする。

 

その理由のひとつに 響 HIBIKI を数えたとしても決してバチはあたるまい。

f:id:shogot1978:20170525113735j:image

その昔、” 一ノ瀬 ” という日本食屋だったルコに、響が入り込んだ格好だ。日本食屋は、見た目は受け継がれた。

f:id:shogot1978:20170525160447j:image1階

f:id:shogot1978:20170527132306j:image2階

休日の昼間に訪れたのだが、おもしろいことに、日本人は全くおらず、インドネシア人と韓国人が客のほとんどを占めていた。

ウエイトレスの話では、オーナーは日本人ではなくインドネシア人で、日本人は一切からんでいないという。( ホントかどうかはわからないが )

もしホントにインドネシア人だけでやっているなら、あっぱれだ。インドネシア人で、あの料理のクオリティは、許せるどころか賞賛に値するのではなかろうか。

美味しく頂きました。

f:id:shogot1978:20170526233704j:image

f:id:shogot1978:20170526233756j:image

f:id:shogot1978:20170526233726j:image

あるいは、もしインドネシア人だけでやっているのなら、ひょっとしたらインドネシア人好みの日本食に仕立て上げられているのかもしれない。我々日本人は、顧客としてアウトオブ眼中で、ターゲットは飽くまでインドネシア人とか…。

 

シンガラジャ通りに関しては、誰がつくった、誰が食べたとかは、あんまりフォーカスしても仕方がない。

インドネシア人も韓国人も日本人も、みんなで各々が盛り上げれば、シンガラジャ通りも自然と活気があふれるはず。そのポテンシャルは十分ある。と勝手に無責任に毎度ながら言ってみる。

 

新しいのは、響やゴチや参河だけではなく、歩くと色々目に入る。

f:id:shogot1978:20170526234331j:image

f:id:shogot1978:20170526234417j:image

f:id:shogot1978:20170526234510j:image

響の左側には、見慣れないカフェや軽食屋などのお店がズラリと並ぶ。シンガラジャ訪問の間隔をあけると、風景が変わっている。

うむ、これはもう、明らかに復調の兆しを一個も二個も超えている…。

 

 

 

<響のメニュー>

f:id:shogot1978:20170527131005j:image

f:id:shogot1978:20170527131205j:image

f:id:shogot1978:20170527131223j:image

f:id:shogot1978:20170527131251j:image

f:id:shogot1978:20170527131318j:image

f:id:shogot1978:20170527131340j:image

f:id:shogot1978:20170527131649j:image

f:id:shogot1978:20170527131730j:image

f:id:shogot1978:20170527131802j:image

f:id:shogot1978:20170527131827j:image

f:id:shogot1978:20170527131844j:image

f:id:shogot1978:20170527131844j:image

f:id:shogot1978:20170527131936j:image

f:id:shogot1978:20170527131955j:image

f:id:shogot1978:20170527131340j:image

インドネシア ブラックマジック(黒魔術?)って何??

 

インドネシアには、ブラックマジック(黒魔術?)という概念がある。らしい─。

 

何でもそうなのだが、信じられないことを信じないでいるのは、とても簡単だ。否定を発動させれば良いだけだ。ただ、それでは発展の可能性は閉ざされる。いったん受け入れて見る、これは僕のモットー。

f:id:shogot1978:20170523232231j:image

 

さて、ブラックマジック──、簡単に言うと、オバケが取り付く類の話だ。

イスラムの教えでは、「見える世界(現実・人間の世界)」と「見えない世界(神の世界・オバケの世界)」が、あるという。イスラムに限ったことではなく、他の宗教にもそういう考えはあるかと思う。

そのふたつの世界は、とても薄い壁で仕切られていて(おそらく概念という意味で)、そして行き来が可能なんだとか。

だから、「見える世界」にオバケが現れ、それに人間が出くわすケースがあるという按配。出くわすだけならまだ良いが、オバケはたまに人間の中に入り込み、悪さを働く(飽くまで人間にとっての悪さで、オバケには悪気はないのかもしれない)。

言うならば、オバケが人間の身体に入り込み、意識を支配する、とでも表現すれば良いのであろうか。

f:id:shogot1978:20170523233446j:image

例えば、尋常でない発狂をする。子供が常識の範囲外の量の食事を摂る。逆に大人が食事を摂らなさ過ぎて、激ヤセの一途を辿る。朝身体が動かなくなる。事例は、たくさんあるようだ。

そうなった患者?は、もちろん病院に行っても問題は何もない、と医者から診断される。なんせオバケの仕業なのであるから。

 

医者から何でもない、と言われた場合にどうするか、orang pintar (直訳は賢い人) の登場となる。

orang pintar は、ムスリムの中でも、ある程度の地位の人のことを指し、何と人間の中に入り込んだオバケを追っ払う能力を持っているのだとか。

(やれやれ、このへんまで来ると、いよいよフィクションの世界に放り込まれた気分になるが、受け入れと自我のバランスを上手にとっていくことにする)

水をかけたり、得体の知れぬ飲み物を飲ませたりして、オバケを追っ払うんだとか。いくつもの実績があるから、話が成り立っているんだと思う。

 

これで一件落着なら、話は簡単なのだが、何やら orang pintar には、「良い orang pintar」 と「悪い orang pintar」がいて、悪いそれは、逆にオバケを人間に入れることが可能だという。

「あいつに、オバケを入れてくれないか?こんな感じのオバケなんだが…」みたいなやり取りがなされているのかは、わからないが、とにかく、悪いorang pintar は、オバケを人間に故意に入れることができるらしい。

そんな行為は、許されたものではないが、今のところまだ法的な縛りはない、という話になっているくらいだから、ホントにそういう話があるんだと思う。

 

イスラムの教えもうまいことできていて、毎日決められた回数お祈りをしていれば、強い心が持て、オバケなんて決して入ってこない、とのこと。

 誰がどこまで信じているかは、ようわからんが、田舎へ行けば行くほど、ブラックマジックを信じる傾向は強いようだ。

 

 

信じる信じないではなく、実際にこういった話がインドネシアにはある。だからどうこうという事ではなく、気心知れたインドネシア人との話のネタにでもなれば、ぐらいの感覚だ。

 

だが一応、ブラックマジックには、ご注意を…。

f:id:shogot1978:20170524201322j:image

 

蛇足─。

トラックアンギンという飲みものが、インドネシアでは知れ渡っている。

(関連記事はこちら↓

 http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170211/1486821558 )

この飲みもののコマーシャルに、「orang pintar は毎日これを飲んでるよ!」っていうコピーが使われているとのこと。

何かもう ムチャクチャ だ。

ʅ(◞‿◟)ʃ

 

リッポーチカラン ” HEMERA ” と 喫茶店まとめ─。

先々週、シンガラジャ通りに新しくできた喫茶店を記事にしたばかりだが、またまた喫茶店を記事にしてみる─。

 

f:id:shogot1978:20170514204048j:image

エリシウムのあの橋の近くにあるルコの一角の、HEMERA いう喫茶店である。

 

おそらく、ずっと前からあるお店のようだが、内装などは素晴らしく、滞在時間が長くなっても快適に過ごせる喫茶店なのではなかろうか。

リッポーチカランの喫茶店の中でも、お洒落な部類に属するのであろう。

 

ちなみに、これまでアップしたリッポーチカランの喫茶店を下記に示すので、参考にされたし。

 

Yellow Hanmer シンガラジャ

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20160910/1473484826

 

All that TEAK トリビウムルコ

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20160923/1474558588

 

Casa Luna トリビウム内

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170205/1486294145

 

SAYS シンガラジャ

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170513/1494633829

 

(この他にも、もちろん スタバやオールドタウンやマックスコーヒーなどもあるが、割愛。 )

 

こうやってみると、リッポーチカランにも意外と喫茶店はあるもんだと、良し悪しは別として。

その中でも、お洒落感といった意味では、この店のクオリティは高い。写真で一目瞭然。

f:id:shogot1978:20170515004242j:image

f:id:shogot1978:20170515004318j:image

内装のみならず、グラスひとつとってもお洒落だ。別に、お洒落なお店が良いお店と言うつもりはないし、インドネシアの田舎にしては、という部分も加味しておきたい。

f:id:shogot1978:20170515214450j:image

f:id:shogot1978:20170515214503j:image

 

カフェでのんびりしたい時には、是非。

 

 f:id:shogot1978:20170522235253j:image

f:id:shogot1978:20170522235323j:image

f:id:shogot1978:20170522235424j:image

 

インドネシア 紙幣硬貨一新後、あの注目のRp 5,000 紙幣は如何なる進化を遂げたのか ⁉︎

インドネシアの紙幣硬貨が一新されてから、しばらく時が経過し、あまり現金を使わない僕のところにも、新しい紙幣がちょこちょこまわってき始めた。

新しい紙幣の記事はこちら。まずはこちらをご覧あれ↓

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170228/1488285912

 

全ての新しい紙幣が揃った。

f:id:shogot1978:20170521215503j:image

Rp 100,000 は銀行に行った際にゲットしたのに、不覚にも、どこかで気付かずに使ってしまったので、大丈夫、気にすることはない。硬貨も新しくなっているようだが、こちらは見て見ぬ振り。

 

最後に入手した紙幣は、Rp 5,000 紙幣。この紙幣には、思い入れがあり、今回の紙幣一新で、どんな変貌を遂げたのか、それはとてもとても気になっていたのである。

f:id:shogot1978:20170521220115j:image

f:id:shogot1978:20170521220138j:image

旧紙幣のRp 5,000は2種類あり、透かしの顔がご覧のように、小学生の絵画のようなブサイク(下)が、時々混じっているのである。

これらの透かしの顔が、今回の紙幣一新で、どう変わったのか。これへの興味の向け方は、インドネシア人はおろか、誰よりも強烈で熱烈であるという自負が、僕にはある。

 

さて、その結果は如何なものか…

f:id:shogot1978:20170521220138j:image

ブサイクさんが見守る中…、

 

f:id:shogot1978:20170521220115j:image

旧紙幣のイケメンもどこかしら、緊張の面持ち…。

 

これが、新紙幣の透かし顔だ!!

 

f:id:shogot1978:20170521221049j:image

…、

 

… 若干イケメンになってる?

比べてみよう、旧紙幣のイケメンと。

f:id:shogot1978:20170521221219j:image

非常に似通っているが、よーく見ると、顔立ちが整い、よりイケメンになっている模様。眉毛なんかは、きれいに手入れがなされている。鼻ダチもより整った感がある。

 

だいぶ期待を裏切られたが、少しだけ進化を遂げていたので、Rp 5,000 ファンからすると、まあまあ良かったんじゃないかと。

これで、これからは、3枚のRp 5,000 紙幣を財布にしのばせておくことになる──。

デルタマス 日本はもうすぐ梅雨か⁈ なら、つべこべ言わずに ” 紫陽花 ” へ !!

いきなりだが、チカランでお寿司が食べられるところをあげろと言われれば、ピンからキリまで含めると、いくらでもありそうだ。

ただ、そこにクオリティという条件を加えると、きっとその数はグッと減る。

さらに、カウンターという条件を加えようものなら、もう、ひとつしかない。

 

f:id:shogot1978:20170520221104j:image

そう、 紫陽花 である。ここは、紛れもなく僕のお気に入りだ。

紫陽花は、デルタマスにあるGTVホテルの中に、凛と店を構えている。

f:id:shogot1978:20170520234702p:image

そして、粋なのが、木曜日と金曜日しかお店を開けていないという点。これは、水曜日に食材を調達してくるからだとか何とか。理由はともあれ、レア度感は集客の要因にもなり得る。

 

さて、お気に入りの理由は何なのか…。

 

カウンターの醍醐味。

まずはこのカウンター。

f:id:shogot1978:20170521100209j:image

目の前で惜しみもなく調理がなされ、出来立てが「はいどうぞ」と出される。エンターテイメントのそれに似ている部分がある。単純に楽しい。

f:id:shogot1978:20170521100449j:image

出来立ては、それだけで価値となる。

 

料金設定。

f:id:shogot1978:20170520225220j:image

見づらいかと思うが、この値段は破格としか言いようがない。あとに料理の写真を並べるが、採算を疑うレベルが故に、お得感が顔を覗かせる。

寿司紫陽花Set Menu が Rp 230,000 なり─。

 

料理。

この日は、お通しから度肝を抜かれる牡蠣の燻製──。牡蠣好きにはたまらない。

f:id:shogot1978:20170520225733j:image

からの、新鮮なお造り──。

f:id:shogot1978:20170520225832j:image

正直、これだけでも個人的には大満足の内容だ。

新鮮さはそれだけで価値となる。

ここから、怒濤のお寿司ラッシュが始まるから、もう、至福の絶頂だ。これは、文字と写真では伝わりきらない代物で、体験あるのみ。

f:id:shogot1978:20170520230450j:image

ひとつひとつカウンターの向こう側から出される握りは、まるで国宝か何かのような重々しさを、まとっているようにみえてならない。多少のお酒の摂取が、それを演出するのかもしれない。あるいは、一品一品丁寧に握る大将の動作がそうさせるのかもしれない。何はともあれ美味しいのには変わりがない。

握りの写真は最後にまとめて載せておく。

シメは赤だし、これだけの鮮魚を口に運んだ後の赤だしは、より上等な品位に感じられ、満腹感に落ち着きを投じてくれる。

f:id:shogot1978:20170520232104j:image

 

これらがお気に入りの理由である。

  

もうすぐ6月が訪れる─。

インドネシアはラマダン色に染まり始め、日本では梅雨が話題を牛耳る季節。雨、カタツムリ、湿気、傘、長靴、水溜り…、梅雨を連想させるモノやコトは数え上げればキリがない。

その中でもアジサイは、最も梅雨にマッチしていると僕は思っている。

日本の梅雨の風情に想いを馳せながら、紫陽花で至福のひと時を過ごすのも、決して悪くない。

この時期の渾身のお勧め寿司屋に、紫陽花をあげることに、僕は何故か心地よさを覚えてしまうのである。

そしていつの日か、営業日が毎日になったら、と願うばかりだ。

 

 

f:id:shogot1978:20170520233834j:image

f:id:shogot1978:20170520233856j:image

f:id:shogot1978:20170520233931j:image

f:id:shogot1978:20170520233949j:image

f:id:shogot1978:20170520234028j:image

f:id:shogot1978:20170520234048j:image

f:id:shogot1978:20170520234126j:image

f:id:shogot1978:20170520234215j:image

 

リッポーチカラン ” 祭りや ” は 料理が美味いだけじゃあない⁈

パイオニア

今となっては、日本人メジャーリーガーなんて、わんさかいるし、ヨーロッパで活躍するサッカー選手もたくさんいる。

そういう流れをつくったのは、野茂英雄であり三浦和良であり、彼らのようなパイオニアが、道を切り開いたからこそ、今がある。ゼロからイチをつくるのは大変なのである。

 

チカランのパイオニアは?

チカランには、日本食を食べられるお店がいくつもある。それはもう、十分すぎるくらいに。

スポーツ界とは、少し異なるかもしれないが、チカランの日本食屋にもパイオニア的存在のお店がきっとあるのであろう。確かなことはわからないが、その一端を ”祭りや” が担っていると言っても、あながち間違ってはいないであろう、と個人的には思っている。

僕がチカランに来たときには、すでに祭りやは、あのシンガラジャ通りに店を構えていて、バリバリ営業をしていた。

「こんな田舎でも、こんな新鮮な刺身が、こんな値段で、食べられるのか!」と同僚と興奮気味に頬張ったのは、今でもよく覚えている。

シンガラジャ通りの祭りやは、いつも混んでいたし、パイオニアの香りがしていた。今は、お店の場所を、お店のカタチを変えて、新しくなっているが、鮮度や味や活気は昔とまるで変わっていない。いや、むしろ増している。

f:id:shogot1978:20170518222559j:image

 

今の祭りや─。

お店が大きくキレイになり、パイオニアの香りを嗅ぎ難くなっているが、僕はそれに惑わされずに、パイオニア的存在に敬意に似た感謝の気持ちを、訪れた際には忘れないようにしている。

f:id:shogot1978:20170518222944j:image

f:id:shogot1978:20170518223847j:image

f:id:shogot1978:20170518223917j:image

f:id:shogot1978:20170518223954j:image

f:id:shogot1978:20170518224018j:image

f:id:shogot1978:20170518224045j:image

f:id:shogot1978:20170518224108j:image

f:id:shogot1978:20170518224134j:image

f:id:shogot1978:20170518224202j:image

うまい!インドネシアの田舎 (あるいはもう田舎ではなくなってきているのかもしれない) で食べられる料理とは思えないクオリティだ。

何もかもが新しくなったかのような祭りやだが、ひとつだけ変わっていないものがある。

メニューブックである。

シンガラジャ通り時代の祭りやで使われていたものが、今もそのまま使われている。もうボロボロだ。

でも、新調してほしくないと思うのは僕だけであろうか。あのメニューを見ると昔の祭りやや、当時のこと(インドネシアに来たての頃) を思い出せ、感慨に耽ることができるから…。

f:id:shogot1978:20170518231910j:image

祭りやの存在に感謝──。

 

ついでに。

祭りやの近辺も。打ちっ放しの Grand MEGUMI ─。新しくなってから、かれこれ時は流れたが、1回も打ちっ放していない。

f:id:shogot1978:20170518232240j:image

ここで、ゴルフ好きのおっさん達が、日々ゴルフの練習に励んでいるのであろう。何かに打ち込めるのは、とても良いことだ。

f:id:shogot1978:20170518232423j:image

このMEGUMIも、祭りやのように、昔はこんなキレイではなく、ボロボロの練習場だったのである。確か、”Grand”はついていなかったんじゃないかと。

まぁそんな昔話なんてどうでもよろしく、打ちっ放しで汗を流し、祭りやで冷えたビールを喉に流し込む──、なんてサイコーのひと時だ。

f:id:shogot1978:20170518232834j:image

 

打ちっ放しの隣には、マッサージ屋もあるようだ。

f:id:shogot1978:20170518233048j:image

まだ試したことはない。打ちっ放しで汗をかき、祭りやで冷えたビールを喉に流し込み、ほろ酔い気分でここのマッサージを受ける─、うむ、実に贅沢な休日となる。

 

お試しアレ。