@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

リッポーチカラン 「Paradise パラダイス」 お風呂とマッサージと兎と…

チカランエリアにもジャパニーズなお風呂に入れるところは、ちゃんとある。

*サンクレストレジデンスのお風呂

 http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20161224/1482585969

*サクラホテルのお風呂

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170219/1487511172

 

そして、チカランエリアにもマッサージを受けられるところはある。 

*シンガラジャ通りのマッサージ

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20161208/1481153121

http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170602/1496411413

 

ただ、贅沢にも「お風呂」と「マッサージ」の同居は、ここだけなのではなかろうか。

そう、ルコユニオンにある「Paradise パラダイス」である。

あやしげな雰囲気も漂うが、まっとうなお風呂とまっとうなマッサージが楽しめる。「二兎追ってみたら二兎とも得た」だ。

f:id:shogot1978:20170723224922j:image

 

時間に余裕があるのなら、週末の疲れを癒すために訪れたり、あるいは、次週のための活力を蓄えに訪れたりするのも悪くない。

 

ここは、何を隠そう典型的な韓国式の「スパ&マッサージ」である。

 

*1階はお風呂スペース

3種のお風呂 (41℃と17℃とその中間) があり、サウナもスチームもある。ただ、サンクレストやサクラホテルのような綺麗さを求めてはいけない。ここはジャパニーズな温泉ではないのだ。飽くまで韓国式の風呂だ。

それでも、広さと種類の多さは負けていない。むしろ圧勝だ。

f:id:shogot1978:20170723225606j:image

 

*2階はマッサージスペース

解放スペースで受けるものもあれば、個室スペースのものもある。

f:id:shogot1978:20170723225819j:image

解放スペースでは、まるでビジネスクラスのような椅子?ソファ?で、マッサージが受けらる。だいぶリラックスできる。

f:id:shogot1978:20170723225920j:image

男がやるので、力があって良い。

 

ちょっと間違えると、「二兎追ってみたら二兎とも得た」が、よく見ると大きさがいつもの半分くらいだった。となるかもしれないが、その労力がいつもの半分なら許せるのではなかろうか。

 

そんな流れで、料金表だ。

f:id:shogot1978:20170723225647j:image

風呂オンリーで Rp 100,000 。

それに最低限のマッサージ60分が付いて Rp 220,000 。(マッサージのグレードによって値は上がっていく)

 

うむ、実に微妙なラインだ。

微妙なラインが故に、このお店の価値は、「二刀流」改め「二兎流」ということで落ち着かせることにする。

 

時間に余裕があるとき、風呂がぶっ壊れたとき、マッサージを受けてすぐに身体にまとわりついたオイルを流し落としたいとき、

そんなときに、この二兎流のパラダイス、いかがであろうか?

 

リッポーチカラン 「DAPUR COKELAT」でチョコレートを購入してみたのだが。

こないだから、ずでーんとヤケにお洒落な店が、通勤路で目に飛び込むようになった。(エリシウム付近)

f:id:shogot1978:20170723202537j:image

なんだこの建物は?と思って、よーく見てみると「チョコレート屋」である。

リッポーチカランで、こんなにもお洒落なお店はなかなかお目にかかれないし、その上チョコレート専門店となると、もうおっさんはドギマギするしかなくなる。

まるで、ど田舎の小学校に、都会の可愛い女の子が転校してくるシチュエーションだ。

 

都会の可愛い女の子が転校してくれば、勇気を持って話しかけるように、この店においても店内を覗いてみるのが、礼儀というもの。おっさんが入店したって法的には何ら問題ない。

 

f:id:shogot1978:20170723203439j:image

名は「DAPUR COKELAT」。おそらくは、ジャカルタ育ち。ただ、もう10店舗は優に超える数のお店をインドネシア全土に拡げているようだ。 リッポーチカランも今後の発展に期待されたのであろうか。

 

f:id:shogot1978:20170723204923j:image

おっ、いきなり試食ができるのか、と手を伸ばすと、都会の可愛い女の子は、ものすごい形相で拒んできた。

f:id:shogot1978:20170723204330j:image

これ、商品なのか…。注意の看板がある。おっさんは、そんな按配すらもわからないのである。やれやれだ、お店に入らない方が良かったんじゃなかろうか、と思えるぐらいに。

もうこうなったら、手取り足取り教えてもらう方が身のためだし、お店にも迷惑がかからない。時にはおっさんらしさを封印することも必要なのだ。

 

*はかり売り

f:id:shogot1978:20170723205020j:imagef:id:shogot1978:20170723205039j:image

都会の可愛い女の子のくせして、売り方は田舎のパサールと変わりはしない、すべて「はかり売り」なのだ。

おっさんは、さっそく親近感が湧き世間話でも弾ませようかと思ったが、そうは問屋がおろさなかった。それは…

 

*値段が高い

 「ど田舎のスナック」ではなかったのである。それは、「都会のキャバクラ」であった。都会の可愛い女の子は、世間話にはクスリとも笑ってくれなかった。多少のテクニックを交えた話でなくてはならなかったのだ。

値段は、100g Rp 49,500 。だいたい1個50円の代物。うむ、やはりお洒落なチョコレート専門店である、やはりそうでなくては。ただ、100g以上は比例計算されるので、120gでも145gでも購入可能だ。

 

*チョコレートケーキもある

f:id:shogot1978:20170723210433j:image

チョコレートのみならず、美味しそうな「チョコレートケーキ」も並ぶ。どぎつい色を組み合わせて作ったカラフルなインドネシア風のケーキではなく、都会的な上品なチョコレートケーキである。これなら買ってもいいかな、と思える。

 

*ついでに飲み物も

f:id:shogot1978:20170723210836j:image

方言と標準語の違いと言うべきか、僕はお試しの飲料だと思って話していたのに、都会の可愛い女の子は、そういう風には捉えていなかった。まるで、キャバクラの女の子用の飲み物代のように、キッチリとレシートにこの飲料代が含まれていた…。やれやれ。

 

*総じて

僕は、チョコレートを好んで食べたりはしないのだが、ジャカルタの友人のお宅を訪れるお土産のためにこしらえた。

リッポーチカランからジャカルタへのお土産に格好だなと思えたから。他にお土産になるようなお店が現れるまでは、この都会の可愛い女の子に頼るつもりである。

 

 

おっさん達も是非勇気を持って訪れたし!

f:id:shogot1978:20170723214829j:image

 

リッポーチカラン 「Bebek Kaleyo」鴨料理。安・旨・辛 が抜群 !!

日本食屋と比べると、ということになるが、インドネシア料理屋は安いわりに美味い。

平日の昼食はいつもインドネシア料理だし、夕食にインドネシア料理というパターンもある。

 

f:id:shogot1978:20170721163608j:image

なかなか行けなかった「Bebek Kaleyo」で昼食を摂ってみた─。

エリシウムの入り口付近にあるこのお店、着工から完成までが、他の工事を尻目に、猛烈に早かった。まるで、3匹のこぶた達がつくる家のように。

でも、彼らがつくった家のように、すぐに壊れたりしない。それどころか、とても美味しい「鴨肉」を提供してくれるのだ。

f:id:shogot1978:20170721164807j:image

これにお茶をつけて、なんとRp 33,500 !いやー、さすがローカル料理と言ったところであろうか。

正直なところ、僕は「鴨肉」と「鶏肉」の違いなんてよくわからない。鶏肉を食べてる感じすらしたが、皮がパリッとしていて、美味しかった。

骨付きや殻付きの料理は、見た目より正味食べれる量は少なくなる。この鴨肉も例外ではない。ただ蟹と同じ様に、身を一生懸命とっているうちに腹一杯になる按配である。

 

さらに、何気なくテーブルに置かれているこのサンバルが抜群の辛さとウマサを誇る。

f:id:shogot1978:20170721165147j:image

いつもかける量の半分くらいで、辛さは4倍ほど。舌が騒ぎ出し、ひたいからの汗は蛇口が壊れたかのような滴り様。それでいてウマイのだから手に負えない。

 

価格と鴨肉とサンバルが良いのかもしれない。店内は平日の昼間だというのに、ほぼ満席。

f:id:shogot1978:20170721182710j:image

また行く。

 

 

Bebek Kaleyo その他情報─。

・支払いは現金のみ

・支払いはレジで

・スプーンとフォークが言わないとこない (まわりを見渡すとみんな手で食べてる)

・ホームページはこちら  https://www.kaleyo.com/

・メニューはこちら

f:id:shogot1978:20170721183231j:image

・ブンクスもできるし、デリバリーもできる

・ジャカルタにも店舗あり

 

是非お試しアレ。

f:id:shogot1978:20170723112743j:image

 

リッポーチカラン 「美来軒 MieRaiKen」ふつうに美味しいっすよ!

こちらが、未遂に終わった記事である。

 http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170615/1497527674

 

トリビウムルコのラーメン屋のリベンジ。

f:id:shogot1978:20170718224708j:imagef:id:shogot1978:20170718224729j:image

気にはなっていたが、なかなか行けなかったお店である。

その名も「美来軒 MieRaiKen」

 

ラーメン屋にハズレはない、は僕の中では確固たるモノなので、躊躇なく入店できる。ラーメンはそれだけ許容の幅がある料理であると同時に、日本国民から絶対的に好まれている料理なのだ。「わたしラーメン嫌いなんです」って人にお目にかかったことがない。

 

その昔、仲間うちで「税金をどこからむしり取るのが良いか」という話題になったときには、必ずと言っていいほど、ラーメン税を提言していた。

これなら、みな何気なく払ってしまういそうだし、浅く広く回収できるだろうと。これを実現していたら、今頃こんなにも自民党は叩かれなかったのかもしれない。それぐらいのクオリティのある税金の取り方だと自負しているから、もう手に負えない。やれやれ。

 

まずいまずい、話が明後日の方向に飛んで行った。美来軒 MieRaiKenだ。

f:id:shogot1978:20170718231144j:image店内。

客はいないが、モノは悪くない。

f:id:shogot1978:20170718231500j:image

f:id:shogot1978:20170718231518j:image

餃子に醤油ラーメンをオーダー。

見た目はあれだが、普通に食べれる。やはりラーメンにハズレはないのだ。

これまで、豚骨一辺倒だったが、意外と醤油もいいんじゃないかと、ここのラーメンや、トリキングの中華そばを食べて、そう思えた。

メニューも結構バリエーションに映える。

f:id:shogot1978:20170718233054j:image

f:id:shogot1978:20170718234748j:image

f:id:shogot1978:20170718234809j:image

次回は、辛い系のラーメンを食べてみよう。

 

以前に、コメントで頂いたこともあるが、オーナーは日本の方で、ジャカルタのルメリディアンというホテルの中に「AOI 葵」という日本食もされており、美来軒 MieRaiKenはMMの工業団地に次ぐ2店目だとか。

 

店員は、お客はみんな「鮪亭」に行ってしまう、と嘆いていた。 

なかなか美味しいラーメン屋で、拡がりを見たいので、是非お試しアレ。

 

f:id:shogot1978:20170721093514j:image

 

リッポーチカラン の「ふるさと」に行く─。こんなところがあったのか!! 驚愕の理由とは?

先日は、インドネシアの「都」を訪れ、様々な想定外を提供して頂いた。

今回は、インドネシアの「ふるさと」であり、どこかしら「都」と同じ雰囲気を感じながら、初めての入店─。

f:id:shogot1978:20170716233721j:image

これまたルコユニオンの道路に面したルコにある。(都とは違うブロック)

f:id:shogot1978:20170716233816j:image

いやー、中華そば屋なのかと思うくらいの立派な暖簾であるが、残念ながら中華そば屋ではない。

 

 

結論から言うと、個人的には絶賛のお店であり、何で今まで行かなかったんだ、と自分を問いただしたくなった、ぐらいのレベル。

その理由とは。

 

 

*店内がこじんまり 

f:id:shogot1978:20170717004653j:image

店内は、「都」と違ってこじんまり。静かに食事ができる雰囲気だ。2階もあるようだが、宴会用とのこと。

f:id:shogot1978:20170717210417j:imagef:id:shogot1978:20170717210433j:image

2階には何と畳があり、ただならぬ雰囲気があたりをつつむ。

店員さんも慣れた手つきでテキパキこなす。

 

*さかな推し 

f:id:shogot1978:20170718212038j:image

f:id:shogot1978:20170718220913j:image

確実に魚を推しているお店だ、魚好きの僕にとっては好都合。

本日入荷の新鮮な魚を教えてくれる。

f:id:shogot1978:20170718212333j:image アオリイカ。Rp70,000なり。新鮮でボリューミー。

f:id:shogot1978:20170718212750j:image伊勢海老。Rp75,000なり。何が良いって、生きてるのを目の前でさばいてくれる。新鮮はそれだけで価値なのだ。

いつでもあるわけではないので、これは僕の「日頃の行い」と言うしかない。

f:id:shogot1978:20170718213010j:image

f:id:shogot1978:20170718213038j:image

これがまた絶品で、最終的には食べ残った殻を赤だしに入れて出してくれる。

f:id:shogot1978:20170718213243j:image

至福の極みである─。

 

*老舗に分類

個人的に、リッポーチカランで10年以上やってるお店は「老舗」と勝手に分類している。

「都」同様に、ここも13年を超えるという。そして、インドネシア人の板前さんは11年も働いてるとのこと。板前にすっかりハマったのであろう。オーナーは日本人で、買い出しもオーナーとのこと。

f:id:shogot1978:20170718213738j:image

老舗の板前さんっぽさを感じた瞬間。

1. 「へい!おまけ!」って、マグロを出してくれた。おそらく彼の裁量なのだろうが、老舗の板前さんっぽい。あるいは残りモノか。

f:id:shogot1978:20170718214327j:image

2. 伊勢海老の入荷日をsmsしてくれる。伊勢海老は2週間に1回の不定期入荷なので、お知らせがくるとありがたい。おそらくお店にとってもありがたいのだ。そのへんがまた老舗の板前さんっぽい。

 

*しめの鍋が…

さかな推しのお店だからであろう。

f:id:shogot1978:20170718214728j:image

魚の出汁がムンムン出ている。うどんも入れてくれる。固唾をのむレベル。

 

 

静かに飲みたい時には、絶好のお店だ。僕の隠れ家的な存在に一気にのし上がり格上げされそうな、そんな「ふるさと」を是非お試しアレ。 

 

f:id:shogot1978:20170718221420j:image

 

上空 「素敵な空の旅をお楽しみ下さい」 映画とお酒と飛行機と。

『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』

f:id:shogot1978:20170710221024j:image

 レバラン帰国の飛行機で、観た。

マクドナルドの創業の話である。

 

画期的なスピーディな支給方法を苦労の末あみだした男(おそらくファストフードの概念をこの世に送り込んだ)と、それに価値を見出し世界中に広めた男の話である。

「あみだす」と「広める」─。

どちらかが欠けると、ビジネスにはなりにくい。ただ、個人的には、あみだされたものを信じて「広める」方に軍配をあげたくなる。

 

まあそれは、個人の裁量によるので、時間が許すなら、この映画を観て頂きたい。色々考えさせられるし、マクドナルドの見方もほんの少し変わる。

 

そして、考えさせられる環境を与えてくれたのが、機内である。

日本⇄インドネシアの飛行時間は7時間ほど。はじめは、クソ長いと文句を垂れていた。

がしかし、考え方を少し変えれば、そこは、お酒飲み放題のお店と化す。グレードはわからんが、ビールにはじまり、ワイン、焼酎、日本酒、ウイスキー、ウォッカなどひと通り揃っている。それを心ゆくまで堪能できることを考えると、7時間は決して文句を垂れる時間ではない。

インドネシア→日本の帰国便なら、プレモルやエビスの極上さを体感できる(これはホントに身にしみる)。そして、ワインも小型なので、赤白の二刀流を堪能できるのである。

f:id:shogot1978:20170716214638j:imagef:id:shogot1978:20170716214703j:image

 

僕はお酒は好きだがそれほど強くはないので、ある程度のお酒を楽しんだあとは、睡魔の誘いに身を任せ、映画そっちのけで睡眠に没頭してしまう。

そして、目覚めた後に映画の続きを観る。それできっちり7時間だ。

 

うむ、実に素晴らしい。まさに、「素敵な空の旅をお楽しみ下さい」である。

 

あなたの「素敵な空の旅をお楽しみください」は、何ですか?

 

 

リッポーチカラン 「Casa Luna カサルナ」ここ最近は どんな感じ?

最近、トリビウムテラスアパートメント内の ”Casa Luna カサルナ” に、たまに行く─。

開店時の勢いはどこへやら、閑散な店内は僕は好きなのだが、お節介にも心配になる。

 

朝食と夕食に一言、モノ申してみる。

 

*朝食

この日がたまたまなら別に良いのだが、メニューの大半が食べれない。定番のナシゴレンやミーゴレンやスープすらも。

f:id:shogot1978:20170715231502j:image

結局、このアメリカンブレックファーストなるものをオーダー。味は見た目の想像通りなのだが(悪くない)、運ばれてくるまでに30分以上もかかった。

これを作るのに30分以上は、明らかに店がたるんでると思えてしまう。閑散がそうさせるなら、悪循環が始まったのかもしれない。

 

*夕食

がしかし、一方で夕食は、好感がもてるのだからどうしようもない。

ずばり、コスパが素晴らしい。

朝食とはうって変わって、ほぼほぼ全てのメニューがオーダー可能。

f:id:shogot1978:20170716204657j:image 

ナシゴレンとアヤムスープで、Rp50,000ちょい。それで十分腹一杯になる。さらにカサルナは、ビールもあるので、文句が出ようがない。

僕はひそかに、インドネシア料理とビールは、意外と合うと思っているので、ここは非常に都合がいい。

 

さて、

朝食と夕食がここまで違うと、お店が違うんじゃないかと思うくらいになる。

まぁ、それ故に結論は自ずと明瞭となる。

「朝飯は控え、夕食に行け」と。

 

朝食の充実を心の底からのぞむ。