読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

@cikarang

インドネシアはリッポーチカランでの生活を記録に残し、記憶にとどめる。

カラワン でスケートができるの ⁉︎

先日、浅田真央が現役を引退したというニュースがチカランにも流れてきた。

率直に、引き際としてはいいんじゃないかと。もう十二分に、皆を魅了したし、喝采も浴びた。人がなかなか真似できない人生のようにも思う。

まぁ、もはや、そんなことを僕がとやかく言えることでもないであろうし、ましてやファンでもないのである。

 

ただ、ごくごく個人的に、彼女への引退のハナムケ ( ちなみにハナムケは、”鼻向け” でも”餞” でも”贐” でも、どの漢字を使ってもよいらしい ) に、このタイミングで、ひと滑りしておきたいな、と無謀にも考える。

たとえ僕が滑ったとしても (ある意味、僕はいつも滑ってばかりいるのだが)、それはどこにも辿り着かないし、何の意味も持たないのは、重々承知の上で──。

 

でも、ここはインドネシア。そう簡単にスケートリンクなんかありはしないし、そもそもスケートの存在自体を彼らは知っているのか?という疑問が頭をもたげる。

僕が、浅田真央のハナムケのために、スケートリンクを探し始めようとしたちょうどその時、息子が唐突に、「今日オレはスケートしたよ‼︎ 」と今日の話題を振り撒いてきた。「真央ちゃんのハナムケか?」と尋ねたら、変な顔をしてソッポを向いてしまった…。

 

f:id:shogot1978:20170416193843j:image

” Resinda Park Mall レシンダ パーク モール ” が、カラワンに先日オープンした。

そのモールは、カラワンの料金所を北側に降り、直進10分程の場所にある。

息子はそこでスケートをしたと言うのだ。ありきたりのモールだし、まさかこんな所にスケートリンク何てあるはずがない、と思っていたが、


f:id:shogot1978:20170416194129j:image

インドネシアでスケート…、まさかである。それ程広くはないリンクではあるが、ちゃんとした氷がそこにはあった。

f:id:shogot1978:20170416194415j:image

5月8日までResinda park mall でスケートが楽しめるとのこと。その後は、スマレコンブカシに移動するようだ、思わず木下大サーカスを思い出してしまいそうになる。

大人も子供も、1回 45分で Rp 60,000 、そして靴下付きだ。裸足が多いのか、チケット購入時に渡してくれる。

朝10時から始まって、1時間ごとに入れ替わりが入る。短いと思っていた45分であるが、歳のせいか、意外と長く感じた。


インドネシアで、ごくごく個人的に、浅田真央の引退のハナムケができましたとさ。めでたしめでたし。

リッポーチカラン シンガラジャ通り ” ごち ” ラーメン180からの変貌っぷりが スゴイ‼︎

風の噂で聞いていた ” ごち GOCHI ” がオープンしたようで、あの ”ラーメン180” の改装版ということで、どんな感じに変貌を遂げたのか、シンガラジャ通りを勝手に無責任に見守っている僕としては、興味が沸かないわけがない。

(その噂の記事と見守る記事はこちら: http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170312/1489295735  )

 

f:id:shogot1978:20170415225750j:image

入り口は、ラーメン180の面影なんて全くなくなっており、ボヤッとしているとそのまま通り過ぎそうになってしまいそうになるが、隠れ家的なそんな雰囲気が放たれているので、それがきちんと気付かせてくれる。

 

「なんて素晴らしい店内なんでしょう。」これまでこんなお洒落な雰囲気の内装が、チカランにあったでしょうか。僕が知らないだけなのかもしれないが、こういう系統のお店は、初めてお目にかかる。

f:id:shogot1978:20170415230439j:image

一階は、2名様から座れる座席が用意され、チョットした密会や軽いデートに使えそうだ。

f:id:shogot1978:20170415230503j:image

二階は、区切りのあるボックス席で、周りを気にせず、グイグイ飲めそうだ。

f:id:shogot1978:20170415230544j:image

良い雰囲気って色々な種類があると思うのだが、ここは、なんて言ったら良いのか、”明るさ” と ”暗さ” のバランスが、抜群で、まるで計算されつくされているようだ。もしかしたら、「気持ち良く飲める明と暗 〜ルクスの神秘に迫る〜」なんていう講義があるのなら、それを参考にしたような、そんなロジックの混じる雰囲気の良さだ。

 

時を忘れて、雰囲気に飲まれながら飲める。

f:id:shogot1978:20170415233209j:image

 

残念ながら、お酒と雰囲気で満腹となり、当店得意のラーメンまでたどり着くことができなかった。

この雰囲気の中、ラーメンまで漕ぎ着けるのは、至難の技なのかもしれないが、次回は、雰囲気ぶんを計算に入れて、ラーメンまでチャレンジしたい。 

 

 

蛇足──。

はじめに、入り口の扉を開けた途端に、目に飛び込んできた漫画で埋めつくされた本棚は、初めは、漫画喫茶か⁈ と勘違いしそうになったが、帰る頃には、真冬のロシアの真夜中に佇む骨董本の群れのように見えてしまっていた。

f:id:shogot1978:20170415234238j:image

絶妙な明と暗の仕業か?単に酔い過ぎか?ホントにロシアの骨董本だったのか? これも次回のペンディング。

 

無題

インドネシアで生活していると、時々、日本の ”カップ麺” が恋しくなる─。

まるで、思春期に、別れた恋人に想いを馳せるような、そんなロマンチックな 恋しさ には程遠いが、母親の手料理の 懐かしさ にはある程度の近さを感じる、そんな 恋しさ─。

 

そんな 恋しさの訪れ を少しでも緩和しようと、日本へ一時帰国した際には、ある程度の ”カップ麺” を持ち帰ってくる。そして、ストックしておくことで、いつでも食べられる状況をつくっておき、恋しさ がなるべく訪れないように僕なりに工夫をしている。

がしかし、ストックはなくなるのが自然の摂理というもので、先日、遂に、最後の ”カップ麺” に手を付けた。

f:id:shogot1978:20170414125131j:image

それがこの ” リッチ CUP NOODLE 贅沢とろみフカヒレスープ ” である。いかにも美味そうなネーミングである。最後の足掻きで、昨年11月に成田空港のセブンイレブンで購入したものだ。

他のカップ麺がなくなっていく中、最後の最後まで、恋しさの訪れを緩和させるために残しておいたのだが、気付けば、賞味期限を過ぎてからの開封だった。

f:id:shogot1978:20170415235138j:image

まあ、ネーミングの割には味は普通であるし、たかがカップ麺ごときを、わざわざ記事にするものなのか、と賛否両論が僕の中にはあったが、インドネシアで ”日本のカップ麺のストックがきれる” のは、僕の中ではやはり一大事なのである。

 

そんな状況を知ってか知らずか、お土産に時々 ”カップ麺” を頂く。ごくごく普通のものでも大満足なのに、ご当地ものも頂く。

こちら↓は、以前記事にした ” 日清の八王子らーめん” だ。

 http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170121/1484976615

 

そして、先日、ストックがきれてしまって、一人で恋しさで悶々としていた時に、これを頂いた。

f:id:shogot1978:20170416000235j:image

”ペヤングの納豆焼きそば” だ。無類の納豆好きの僕としては、食べるのが憚れるぐらいの代物だ。

これでまたストックができ、恋しさの緩和になる。レバランの一時帰国までなんとか もちそうだ─。

めでたしめでたし。

 

インドネシア ” bungkus ブンクス ” にハマる

 

” bungkus ” ➡︎ ” 包み ”

 

f:id:shogot1978:20170411224242j:image

 

ブンクスって言葉、使う人はよく使うと思う。あのドラえもんだって使っている。その場で食べずに、持ち帰りたいときに「ブンクスで!」と。僕もそう言っていた。

ずっと ”お持ち帰り” の意味として認識していたのだが、”包み” が語源としての意味のようだ。それなら、あぁ、なるほどな、と思える。”お持ち帰り” は、takeaway だ。マクドナルドなどファストフード店は、ブンクス? なんて聞いてこない。

 

インドネシア人に、この件を尋ねてみると「どっちだっていいじゃん、細かいこと言うな〜」的な返答。前から思っていたのだが、インドネシア語の語彙数は、日本語に比べて絶対数が圧倒的に少ないと思っていて、言葉への概念が日本人と違っているんじゃないかと。だから、彼らの発言もある程度の納得で、受け入れられる─。

 

細かいことをぐじゃぐじゃ言うつもりはなくて、結果的に、持ち帰る目的を果たせれば、どんな言葉を使ったって良いと思う、ジェスチャーでさえも。

 

本題はこれだ。

f:id:shogot1978:20170411225352j:image

正真正銘の ” bungkus ブンクス ” って やけに美味そうに見えないか?という個人的な嗜好のお話。

仕事場でよくナショナルスタッフが、朝食sarapan を、ブンクスしてビニールで引っさげて持ってくるのを見るのだが、どうも美味そうに見えてならない。中に何が入ってるかもわからないのに、美味しそうに見えてくるから不思議だなぁ、とつくづく思っている。

汁か油が染み出している感じなんかは、美味しさが多すぎて、包みきれずにあふれ出している様にしか見えてこない。

包み方もおそらくは、多少の物理を使って、こぼれにくく、それでいて開けた時に食べやすい、そんな工夫がされているのかもしれない。

そして最後に、セロファンテープなんて使わずに、輪ゴムひとつで包みをロックするあたりは、芸術を含んだ職人芸の域まで達しているんじゃないかとさえ思えてくる。

 

精巧な物理と恍惚な芸術を感じながら、ブンクスを開くと、

f:id:shogot1978:20170411230244j:image

この感じ。このごじゃごじゃ感が、ますます美味そうに見えてきてしまう。開くと匂いまで漂うので、さらに良くなる。

f:id:shogot1978:20170411230441j:image

これは、パダン料理。大好きなパダン料理が、ブンクスされると、さらに美味しく感じてしまう。いや、普通のも美味しいのだが、別物として。

そのくらい、僕にとって、ブンクスは特別なものになりつつある。

 

…、あっ、マクドナルドのハンバーガーも紙に包んであるから、ブンクスじゃん…。待てよ、マクドナルドでブンクスという言葉を使ってしまうと、”お持ち帰り” と ”ハンバーガーを包む” が、ごっちゃになって、混乱するから、takeaway を使っているのかもしれないな…。今度尋ねてみよう。

 

そんなことを言っていると、インドネシア人からの「なんだっていいじゃん!気にするな!」の声が聞こえてきそうになるから、テキトーな感じで、記事を終わらせることにする──。

f:id:shogot1978:20170414114822j:image

リッポーチカラン ”紫音” AXIAホテル内

僕の、” 紫音 ” に対するイメージは、ゴージャスかつ繊細といったところであろうか、ホテルアクシアに、とてもマッチしていると思っている。

f:id:shogot1978:20170409083021j:image

姉妹店の ”紅音” の改装が終わったとか終わってないとかの話を耳にするが、先に出来た「紅音」に対して、後に出来た「紫音」、虹の最も外側の赤色と、虹の最も内側の紫色、そんな虹の関係が含まれているという噂も聞いたりする。

 

「お刺身の盛り合わせ」は、とても大きなお皿でお洒落に出てくるし、「紫音の厚揚げ」は、食べ応え十分の絶品そのものだし、「酒盗チーズ」は、酒飲みにはとても有難く他ではきっと食べられない。そう、他ではきっと食べられないクオリティが紫音にはあるように思う。

B級グルメもあるが、B級グルメのような荒っぽさを出しながらも、そこには紫音風の繊細さが同居しているのである。

 

これだけでも十分満足なのに、日替わり的な、お試し的な、限定的な、メニューもある。まるで日々進化の布石のような、そんな…。その昔「トリュフたまごご飯」には度肝を抜かれたし、「クエのお頭の煮付け」を頼んだ時には、ここはホントにインドネシアかと、頬っぺたをつねってみたりもした。

f:id:shogot1978:20170409220054j:imagef:id:shogot1978:20170409220620j:image

紫音は、そういうことをずっとやっているのである。だから、いつも新しいのではなかろうか。

 

そんな紫音で、先日久しぶりに食事を摂った。あるメニューをオーダーするために。

f:id:shogot1978:20170409220252j:image

見えるだろうか、写真右下の「メンチカツ300」の文字を。隣には「ハンバーグ300」も見える。300はもちろん300gのことである。

あのゴージャスで繊細な紫音が、こんな大盛り的なことをやっていると聞きつければ、行かないわけにはいかない。大盛り的な事までうまくやってしまうと、もう鬼に金棒である。

f:id:shogot1978:20170409220741j:imagef:id:shogot1978:20170409220809j:image

写真ではピンとこないが、かなりの大きさである。大きさだけではなく、紫音風の繊細さもわずかに同居している。

肉の塊をわざわざ引き千切って、そうかと思うと、また合わせて、そうやって、あの肉汁を演出させているのである。手間暇をかけるとは、結局はそういうことなのだ。

このメンチカツ300も、始めは、お試し的なメニューであったようだが、公式メニューブックに掲載されるレギュラーメニューに昇格したのである。紫音の料理達も競争が大変そうだ…。

 

また、楽しい料理を楽しみにしておこう。

f:id:shogot1978:20170409230603j:image

 

リッポーチカラン ” Golden Egg Noodle ” たまご麺が食べれるところ──

f:id:shogot1978:20170409231343j:imagef:id:shogot1978:20170409231407j:image

うむ、のっけから写真も悪くない。

ずで〜ん とルコが並んでいるが、悲しいかな、まだまだ全てが埋まるには時間がかかりそう。

だからこそ、この黒地に黄色の文字の看板が、ひときわ目立つ。ズーっ と気になっていたのだが (向かいにある ”花蓮” に来たときにいつも気にしていた) 、遂に、遂に、のれんをくぐる、いや、のれんはなかった…、重い木の扉を右にひく時がきた──。

 

f:id:shogot1978:20170409232152j:image

木目調で、意外にも、お洒落な感じがする。このルコ内では、垢抜けてるお店と言ってもいいんじゃないかと思う。

f:id:shogot1978:20170409232445j:image

ほら、メニューもお洒落っぽい。

 

ここは、焼肉山亭とエリシウムの看板の間にあるルコにある ” Golden Egg Noodle ” というお店である。きっと、たまご麺を食べさせてくれるのであろう。

よう知らないので、チョット調べてみると、たまご麺は、つなぎを一切使わない(たまごを使う) 麺 とのこと。そのぶんコシがでるとか何とか…。ウンチクなんて食べ物を前にしたら、どうでも良いものに早変わり。

 

f:id:shogot1978:20170409233016j:imageブタたまご麺 スペシャル的な

f:id:shogot1978:20170409233043j:image鶏たまご麺

f:id:shogot1978:20170409233114j:imageスープを入れると、ますます美味そうだ。

 

あっさりスープで、とてもウマイ。

そして、安い──。

f:id:shogot1978:20170409233319j:image

 

朝食としても、昼食としても、もちろん夕食にだっていける。僕は、飲んだ後のシメにもってこい、だと思ってズルズルと麺を口に流し込んでいたのだが…、

f:id:shogot1978:20170409233624j:image

ありゃりゃ、残念ながら、営業時間は朝7:00〜夜19:00までだった…。いやいやそれなら、朝7:00まで飲んだときには、最高の場所になり得るってもんさ。

 

インドネシア ”Cakwe チャクウェ” とは??

僕は、インドネシアに3年近くも住んでいるのだが、先日、初めて目にしたモノがある。”Cakwe チャクウェ” という名の付いたものだ。「何じゃこれ‼︎ 」の体験が、日に日に少なくなってきている中、これはいかにも稀な体験であり、そんな意味も込めて、備忘録的メモ記事にしておく──。

f:id:shogot1978:20170409191527j:image

 

なんだなんだ?? 行列の1コ下ぐらいの並びがあったので、のぞいてみると、チャクウェが次から次へと完成されていた…。

チャクウェ──。 語呂も可愛らしくて、とても好感が持てる。あるいは、爬虫類的な印象を受けそうになるが、想像力を働かせるレバーをポジティブ側に切り替えると、スイス人の可愛らしい少女の雰囲気が漂い始めるから不思議なものだ。

それから、” チャクウェ ” は、僕にズボンのファスナーを連想させてくれる。ズボンのチャックが少し開いているから閉めなさい的なニュアンスで、先ほどのスイス人の少女が指摘するなら、小っ恥ずかしさが、登場してくる。

でも、チャクウェは、どちらかと言うと恥ずかしがり屋ではないので、ズボンのチャックの開閉なんてあまり気にしないし、少女に指摘されたって何とも思わないのかもしれない。

それどころか、自分がどんなものかを包み隠さず、大っぴらに公表するかもしれない。

「おいらは、爬虫類でも、スイスの少女でも、ファスナー開の意味でも、ないんだぞ」と。

 

酔っ払うと、文字の並びまで、そして言いたいことまで、わけがわからなくなってきてしまう。がしかし、構わずに進めていく。

 

f:id:shogot1978:20170409081009j:image

f:id:shogot1978:20170407024922j:image

それは、小麦粉ベースの生地を油で揚げていく食べ物。どちらかと言うと、中華発祥のモノであろうか。生地の準備さえしていれば、いくらでも短時間で作れる代物だ。ワルン的な食べ物なのであろうか。

f:id:shogot1978:20170407025219j:image

これが、ブカシで食べた ”チャクウェ” で、見た目はとても揚げパンであり、ソースをつけてから、口に運ぶ。この日食べたソースは、辛くなく甘さが混じるとても美味しいソースだったのだが、おそらくサンバルソースなんてパターンもあるのだろう。

 

普段ならこのへんで終わらす記事レベルなのだが、家族のチャクウェへの執着が、内容をよりボリューミーにさせる。

 

リッポーチカランでも、チャクウェを食べれる所はないのか、と家族は聞き込みを進めたようで、やはりこれまで見なかっただけあり、なかなか見つからなかったが、やっとのことで、ようやくひとつだけ見事見つけてきた。行ってみない手はない。

f:id:shogot1978:20170409162641p:image

f:id:shogot1978:20170408180620j:image

エリシウムの近くに、焼き肉屋の ”山亭 サンジュン” (山亭の記事はこちら→ http://shogot1978.hatenablog.com/entry/20170130/1485711024 ) があるのだが、そこのすぐ近くにあるルコの一角にその店はある。看板はやや見にくいが、”CAKUE 油条” とあり、やはり中華なのか…。

f:id:shogot1978:20170408180806j:image

作り方は、一緒である…

f:id:shogot1978:20170408180934j:image

生地をカタチにして…

f:id:shogot1978:20170408181038j:image

生地を引っ張って、油に放り込み…

f:id:shogot1978:20170408181149j:image

生地が膨らみ、焦げが付いたら…

f:id:shogot1978:20170408181234j:image

はい、出来上がり。

f:id:shogot1978:20170408181321j:image

袋に入れて持ち帰り…。

f:id:shogot1978:20170408181416j:image

1本 Rp 3,000 とおやつ感覚の代物で、一度に2〜3本はいける。

f:id:shogot1978:20170408181634j:image

 

チャクウェ。食事としては物足りないが、小腹が空いたとき、あるいはお酒のお供に良いかもしれない。是が非でも食べておくものではないが、気が向いたら食べておくのも悪くはない。